ホーム > キャンパスライフ > 授業料 > 奨学金

奨学金


本学では、独立行政法人 日本学生支援機構をはじめ地方自治体、民間が行う各種奨学金制度を紹介しています。 それぞれ学力、経済基準、貸与金額、返還方式が異なりますので、自分に合ったものを選び、出願してください。
 

日本学生支援機構奨学金 (旧日本育英会)

日本学生支援機構は、優れた学生で経済的に修学が困難な人に学資の貸与を行うことにより、国家および社会に有為な人材を育成するとともに、 教育の機会均等を図ることを目的とする公の機関です。

学部生

種類 第一種(無利子) 第ニ種(有利子)
貸与月額 自宅 30,000円
45,000円
一種類選択 30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
自宅外 30,000円
45,000円
51,000円
学力基準
(1年次)
高校等最終2ヶ年の
成績の平均が3.5以上
出身学校における成績が
平均水準以上(原則)
(2年次以上) 成績が属する学部の
上位1/3以内
成績が平均水準以上(原則)

大学院生

種類 第一種(無利子) 第二種(有利子)
貸与月額 50,000円
88,000円
一種類選択 50,000円
80,000円
100,000円
130,000円
150,000円
学力基準
(1年次)
大学における成績が特に優れた者 大学における成績が優れた者
(2年次) 1年次成績が特に優れた者 1年次成績が優れた者
注: 経済基準については、日本学生支援機構が別に定めます。

募集時期

  • 定期採用: 4月
  • 緊急採用・応急採用: 随時
注: 主たる家計支持者の転職・失職、破産、会社の倒産、病気、死亡、離別等または風水害等による家計急変のため、緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合に 適用することができる制度です。

出願手続

希望する学生は4月に行われる説明会に必ず出席し、申込書類を期日までに教務・学生室に提出してください。また、緊急採用・応急採用を申込む場合は、 教務・学生室に相談して下さい。

採用手続

採用が決定した場合は、返還誓約書の提出が必要となります。期限までに提出されない場合には採用取消となりますので、注意してください。

交付

奨学生名義の銀行・信用金庫・労働金庫の口座に、原則として毎月1回、日本学生支援機構から直接振込まれます。

予約採用

入学前に採用候補者として決定している学生(予約進学者)は、進学届(インターネットで送信)を提出することにより、奨学金の貸与が受けられます。
指定された日時(新入生ガイダンス等でお知らせします。)に、「採用候補者決定通知[進学先提出用]」等を持参してください。その際、教務・学生室の指示に従ってインターネットを利用して、日本学生支援機構へ進学届を提出する必要があります。
採用が決定した場合は、返還誓約書の提出が必要となります。期限までに提出されない場合には採用取消となりますので、注意してください。

継続手続

日本学生支援機構奨学金では、毎年冬期に、奨学生としてふさわしい者であるか否かの審査「適格認定」を行っています。奨学金の継続を必要とする場合には、「適格認定奨学金継続願」を指示する期日までにインターネット入力により必ず提出してください。 大学は「適格認定奨学金継続願」の記入内容と平素の学業成績、収入状況等を総合的に審査し、継続の可否を判断します。
学業成績不振の場合、収入が貸与基準を大幅に上回る場合等は奨学金の交付が停止もしくは廃止されることがありますので、十分注意してください。
また、学生本人の収支バランスが大きく不均衡な場合も大学から適切な貸与額の選択等について指導があります。
注: 「適格認定奨学金継続願」の提出時期については、奨学金の掲示板でお知らせしますので、奨学生は常に掲示板およびSUACポータル等確認するよう心掛けてください。

異動および届出

奨学生は、退学・休学・復学・転学・死亡等身分の異動、自宅通学と自宅外通学の変更、奨学金振込口座の変更、および連帯保証人の住所等の変更があったときには、 遅滞なく所定の様式によって、教務・学生室まで届け出てください。

返還

貸与終了年次の10月から12月頃には、リレー口座加入手続きが必要となります。貸与終了後には、借用金額に応じた所定の方法により、所定の年限で返還しなければなりません。返還金は後輩の奨学金として再び活用されますので、返還が滞ると、 新規奨学生の採用に支障をきたします。なお、第二種奨学金は貸与終了後の翌月から、年3%を上限とする利子が付きます。

スズキ奨学基金による学習支援奨学金

スズキ株式会社からの支援を得て創立された奨学基金です。本学の学生に対して、一層の向学心向上を奨励し、成績優秀な学生の修学環境を整備することを目的とした奨学金で、学部3年生7名(各学科1名。国際文化学科のみ2名)と研究科2年生2名(各研究科1名)計9名の成績優秀者に、年額30万円が給付されます。

民間団体等による奨学金

募集方法は、大学が推薦の依頼を受けて学内において募集するものと、関係団体が直接募集するものがあります。情報は掲示板に掲示するので、確認するようにしてください。

 
No. 奨学金名称(対象) 金額(支給期間) 併用制限
(例)(平成27年度の実績のため、内容が変更される場合があります。)
1 藤村兼吉・千恵子奨学基金
(遠州地域在住の子弟で、デザイン学部3・4年生かデザイン研究科1・2年生)
若干名 学部:月額3.5万
大学院:月額5万
(最長2年)
なし
2 フジシールパッケージング教育振興財団奨学生
(デザイン学部1年生)
1 月額5万(4年) 学生支援
機構のみ○
3 ロッキー奨学基金
(2年生以上で、県内在住もしくは在勤の勤労者の子弟)
3 年額20万(1年) 学生支援
機構のみ○
                                                       (注)いずれも給付型のため、返還不要

地方自治体の奨学金

保護者の居住している都道府県および市区町村にて直接募集を行うものが多いので、あらかじめその地域の教育委員会等関係機関に確認してください。 なお、日本学生支援機構奨学金との併用が認められないものが多いので、注意してください。

(例)
浜松市奨学金
浜松市役所学校教育部教育総務課(奨学金担当)
〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟6階
Tel. 053-457-2401

浜松市奨学金のページはこちら


静岡市奨学金
静岡市教育委員会学事課(就学援助担当)
〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号 静岡市役所清水庁舎9階
Tel. 054-354-2371
ページの先頭へ戻る