ホーム > 学部・大学院 > 大学院

大学院

校舎の画像

さらなる2年が広げる「文化」「デザイン」の未来像。

21世紀は「市民」の時代と言われています。それは、これからは「政府」「企業」ではなく「市民」が主体となり、自分たちの望む社会を創造していくということを意味しています。大学院では、市民社会のリーダーに必要な、様々な価値観を尊重しつつとりまとめていく、課題解決の能力を養成します。

大学院入試案内

既に社会の第一線で活躍中の社会人の履修も視野に入れ、入学試験では研究計画書、提出ポートフォリオ(作品集)などを重視するとともに、修士論文においても、各人の実務上の課題や問題意識にかかわる調査研究や政策提言などの考察も評価するように配慮します。(デザイン研究科では、修士論文に代えて修了制作を行うことができます。)

 長期履修制度

本学大学院では、在職したままキャリアアップを目指す社会人に対し、学ぶ機会を提供する目的で平成25年度から長期履修制度を導入しました。
この制度は、あらかじめ計画的な履修を申し出た入学予定者に限り、通常2年間の修士課程の履修期間を3年間とし、授業料を2年間で修了した場合と同額にするというものです。
 
長期履修制度の概要
1 対象者
(1)職業を有している者
(2)長期履修が必要となる相当の理由があると認められる者

2 期間
入学から3年間
なお、長期履修期間は短縮を含め、変更することはできない。

3 授業料
年額357,200円
(3年間分の授業料が、長期履修制度を利用しない学生の2年間分の授業料と、同額になります)

 
詳細は、TEL 053-457-6114(教務・学生室)までお問い合わせください。
ページの先頭へ戻る