ホーム > 学部・大学院 > 大学院 > 文化政策研究科

文化政策研究科 定員10名

文化政策研究科

新時代の価値を創出する文化と芸術の政策とマネジメント

経済的危機の時代であればこそ、文化と芸術は人々の幸福を支え、勇気を与える大きな力となっています。 変容著しい現代社会において次々に顕在化する多様な社会的問題を、文化と芸術の視点から見つめなおし、芸術創造や組織運営の仕組やあり方を探究したり、理想的な地域社会実現のための文化政策研究を推進するプロフェッショナルな人材を育成します。

文化政策研究科は、日本で唯一、AAAE(Association of Arts Administration Educators)の正会員となっている大学院です。

特色と研究専門領域

4つの研究専門領域の1つを選んで自らの専門性の軸足として定めたうえで、これらを超える領域横断的、学際的なアプローチによって実践的な研究を行います。文理を問わず様々な学部・学科の出身者や社会人、留学生等、多彩な学生が集まる中で相互に刺激しあいながら研究に励んでいます。特に在職中の社会人学生に対しては長期履修制度の活用によって、パートタイムの通学で3年間かけて修士号を取得する道も開かれています。
アートマネジメント   楽団、劇団、美術館などの民間非営利芸術団体及び公立文化施設の運営などに関する研究を行う。中間支援組織や文化に関わる様々な非営利団体の運営等も含まれる。
 
芸術・文化産業政策   民間非営利芸術団体の支援政策、営利の文化産業を含む創造的産業の振興政策などに関する研究を行う。これらのための人材育成、ネットワーク形成、中間支援等も含まれる。
 
まちづくりと自治体政策   まちづくりと地域活性化、コミュニティ政策、自治体改革、行政評価などに関する研究を行う。自治体と市民団体、NPO等との連携・協働等も含まれる。
 
市民社会と多文化共生   多文化共生とまちづくり、コミュニティ運営(NPO、市民活動等)、国際協力NGOなどに関する研究を行う。

カリキュラム構成の特色

文化政策研究科におけるカリキュラムは、修士論文作成に向けて以下の3つの段階で構成されています。

1.基礎科目

方法論を学び修士論文の構想づくりを進めるための「文化政策研究の方法」と、4つの研究専門領域における現場感覚を養う「文化政策特論」から構成されます。

2.基幹専門科目

各分野の概論的な知識を習得し、合わせて学術的な系譜を知るための「特講科目」と、各教員の研究分野に即した専門的な内容を学ぶ「専門科目」から構成されます。

3.演習科目

演習Ⅰ(M1)と演習Ⅱ(M2)から構成されます。演習Ⅰは異なる教員による2つの演習が必修となっています。これにより、研究専門領域を超えた複数教員による多角的な視野からの研究指導が行われます。演習を通じた修士論文に向けての本格的な研究指導のもと、論文提出までに3回にわたって行われる研究科全体の発表会を経て、論文を完成させていきます。
カリキュラム構成の特色の図

修士論文テーマ例

  • 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策   ―アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて―
  • パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方  ―日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆―
  • 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方  ―外国人支援教育を越えて―
  • ブラジル人教育支援者の役割  ―外国人児童生徒への教育支援のあり方―
  • アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援  ―経営基盤確立に向けて―
  • 防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究  ―尼崎港、沼津港のケーススタディ―
  • 若手アートマネジメント人材における人的資本の形成  ―職場環境と能力開発に関する実体調査から―
  • インターネット普及による音楽視聴の変化と著作権
  • 創造都市ボローニャにおけるサラボルサ図書館の役割  ―新しい公共図書館に関する考察―
  • 美術館と小学校の連携推進のための課題   ―鑑賞教育に取り組む教員の資質向上の視点から―
  • 台湾・日本における舞台芸術運営の支援政策  ―助成金の比較分析から―
  • 市民ボランティアを通じたまちづくり  ―あいちトリエンナーレ2010の事例から―
  • 台湾の公立文化ホールにおける市民ボランティアの高度化  ―日本の先進事例との比較をもとに―
文化政策研究科サイトの表紙画像

文化政策研究科Webサイト

文化政策研究科の修士論文、修了生などを紹介しています。
学科・研究科Webサイトは、各学科・研究科の教員によって管理・運営されています。
ページの先頭へ戻る