ホーム > 新着情報一覧 > イベント情報 > アンケート結果から見える多文化共生の最前線「静岡県多文化共生基礎調査2016の詳細分析報告会」

イベント情報


アンケート結果から見える多文化共生の最前線「静岡県多文化共生基礎調査2016の詳細分析報告会」

公開日:2017年9月28日
静岡県は2016年度に日本人県民と外国人県民を対象とした多文化共生基礎調査を実施しました。その調査を受託した研究グループが調査結果を詳細に分析し、静岡県における多文化共生の最新情報をお伝えします。日系人やフィリピン人の定住化、東南アジアからの技能実習生の急増など新たな動きを踏まえ、今後の多文化共生のあり方を考えましょう。

静岡県多文化共生基礎調査 チラシ[PDF:347.3KB]

プログラム
【日時】2017年10月24日(火曜日)午後1時30分から午後4時30分
【場所】静岡県教育会館 4階大会議室 静岡市葵区駿府町1-12
【対象】多文化共生に関心のある方ならどなたでも(参加可能人数120名)
【内容】主催者挨拶・・・山本智ひろ(静岡県多文化共生課長)
    趣旨説明・・・池上重弘(静岡文化芸術大学教授)
    報告1・・・小坂拓也(静岡県多文化共生課主査) 「静岡県の多文化共生施策と多文化共生基礎調査」
    報告2・・・池上重弘(静岡文化芸術大学教授) 「日本人調査から見える多文化共生意識の変容」
    報告3・・・竹ノ下弘久(慶應義塾大学教授) 「地域社会における外国人の生活と居住」
    報告4・・・中川雅貴(国立社会保障・人口問題研究所国際関係部主任研究官) 「外国人の就労状況に関する分析」
    報告5・・・千年よしみ(国立社会保障・人口問題研究所国際関係部第一室長) 「外国人の子どもの生活実態の把握」
    全体討論  コーディネーター 池上重弘
【入場料】無料
【申込】事前申込み不要


【主催】静岡文化芸術大学、静岡県
【後援】公益財団法人静岡県国際交流協会(SIR)

 
【問合せ先】静岡文化芸術大学
〒430-8533 浜松市中区中央二丁目1番1号  Tel:053-457-6111(代)  Fax: 053-457-6123

文化政策学部国際文化学科 池上重弘研究室 Tel:053-457-6156   E-mail: ikegami@suac.ac.jp
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]
ページの先頭へ戻る