ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 東京デザインウィークの学校作品展でSUACは学校賞グランプリを受賞しました

学生・卒業生の活躍


東京デザインウィークの学校作品展でSUACは学校賞グランプリを受賞しました

公開日:2016年11月4日
今年の10月26日(水曜日)から11月7日(月曜日)まで開催されている東京デザインウィーク、本学デザイン学部は6年目の出展となりますが、この度ついに念願の学校賞グランプリを受賞しました。
6年目の開催になる東京アワード中「学校作品展」では「pairs(ペアーズ)」というテーマで51校が屋内外で企画を競い合いました。1次予選では20校が通過し、2次予選では5校に絞られ、4日の最終プレゼンテーションに勝ち進み、今回の受賞につながりました。
タイトル「千重波(ちえなみ)」は老若男女問わずに楽しめるインタラクティブ作品です。
屋外で作品を操作する様子
芝生の上でハンドルで操作する学生の写真
この度の同イベントでの事故について、お亡くなりになられた方へ深くお悔みを申しあげます。
 
[発行部署:企画室]
ページの先頭へ戻る