ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 国際文化学科の学生が「フードバンク」の取り組みに挑戦しています!

学生・卒業生の活躍


国際文化学科の学生が「フードバンク」の取り組みに挑戦しています!

公開日:2016年12月22日
貧困世帯層への支援と廃棄食品の削減を目的として、本学の国際文化学科の学生がフードバンクの取り組みに挑戦しています。この取り組みは、学内で賞味期限が近づいた食品や不要となった食品の提供を呼びかけ、これらの食品を回収し、県内の非営利活動法人を通じて、静岡県西部地域の恵まれない方々に提供するものです。
本学では初めての取り組みですが、主催の学生の皆さんの頑張りと教職員・学生の協力により、非常に多くの食品が集められています。なお、本学は地域貢献の一環として、賞味期限が近づいた防災用の非常食の一部を提供しています。

1 企画名
フードバンク ~クリスマス・お正月にみんながお腹いっぱいたべられますように~

2 期 間
12月12日(月曜日)から12月23日(金曜日)までの昼休みを中心に活動

3 実施した学生団体(メンバー)
SUACフードバンク支援グループ
(国際文化学科2年 中野歌奈、国際文化学科2年 星野榛花)

4 回収した食品
・賞味期限の残余期間が1ヶ月以上で、未開封の食品(生鮮食品は除く)

5 集められた食品の提供先
特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター及び特定非営利活動法人サステナブルネットを通じて、静岡県西部の貧困世帯層に配布される予定
協力を呼びかけるチラシ
協力を呼びかけるチラシ
食品の回収の様子
食品の回収の様子
主催者の中野さん・星野さん、集まった食品
主催者の中野さん・星野さん、集まった食品
[発行部署:財務室]
ページの先頭へ戻る