ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 2017年日中友好大学生訪中団 第1陣(3月23日から29日)に、本学学生が参加しました

学生・卒業生の活躍


2017年日中友好大学生訪中団 第1陣(3月23日から29日)に、本学学生が参加しました

公開日:2017年5月2日
本学国際文化学科3年の内藤有紀さんが、日中両政府交流事業である「2017年 日中友好大学生訪中団(第1陣)」の団員(定員70人)に選出され、2017年3月23日から3月29日まで中国を訪問しました。
内藤さんは、全国の大学から多数の応募があったなか、厳しい選考・審査を経て合格しました。
(本学からは、2015年に8名、2016年の第1陣3名、第3陣5名の学生が選出されています。)

文化政策学部 国際文化学科
3年 内藤 有紀さん
今回、参加した内藤有紀さんに、訪中についての感想を伺いました。

(感想の紹介)
「今回、日中友好大学生訪中団第1陣に参加し北京、曲阜、済南、上海の四都市を訪れました。これは、日中間の誤解を解き交流を図ろうとするもので、観光のほかに中国の大学生とディスカッションをする機会が設けられていました。私は大学で中国語を履修していないですし、特別に中国社会に関心を持っていたわけではありませんでした。むしろメディアの影響からか中国に対してあまり良くないイメージを持っていました。しかし実際に中国で会った人々はとても親切で私たちをあたたかく歓迎してくれました。今は中国の素晴らしい面に気が付けたものの、このような機会がなかったら誤解をしたままだったと思います。「百聞は一見にしかず」とはまさに、このようなことを言うのだと今回の訪中で深く実感しました。」
[発行部署:地域連携室]
ページの先頭へ戻る