ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 国立台湾師範大学と交流協定を締結しました

トピックス


国立台湾師範大学と交流協定を締結しました

公開日:2017年1月18日
国立台湾師範大学正門
12月、国立台湾師範大学国際與社会科学学院と本学が交流協定を締結しました。
国立台湾師範大学は台北市に本拠地をおく国立大学で、国際的に語学教育分野での評価の高い大学です。また、外国人留学生も多く在籍しており、留学生は充実した留学サポートを受けることができます。
本学第10校目の交流協定校であり、今後は交換留学、語学研修を中心に交流していく予定です。
(協定締結を担当した本学崔講師の感想)
 国立台湾師範大学と本学との交流は、今年度の夏季語学研修で学生を派遣したところから始まりました。この研修プログラムは語学力だけでなく、伝統文化体験や現地視察を含む文化学習が織り込まれ、学習動機を強化できるプログラムとして定評があります。
 そのような夏季語学研修の交流を経て今回協定締結をするに至った国立台湾師範大学は、1946年に設立された国立大学で、中国語・中華文化教育の中心機関として国際的にも評価の高い大学です。語学教育を主に担っている国語教学センターには現在、世界70の国・地域から1500名ほどの学生が在籍しています。そのような国立台湾師範大学との交流は、アジアに留まらず、多様な人々との交流を意味していると考えています。
 今回の協定締結で、本学の学生の中国語能力の向上と優れた国際感覚の修得、国際的な視野をさらに広められることを期待しています。
台湾師範大学との協定書
協定書は英、中、日の三ヶ国語で作成。
台湾師範大学留学生センター職員と本学崔講師
台湾師範大学職員と本学崔講師
[発行部署:教務・学生室]
ページの先頭へ戻る