ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 第2回ふじのくに地域・大学フォーラムで本学の4ゼミが研究成果を発表しました (2月18日)

トピックス


第2回ふじのくに地域・大学フォーラムで本学の4ゼミが研究成果を発表しました (2月18日)

公開日:2017年2月21日
大学フォーラムの様子
 ふじのくに地域・大学コンソーシアム「平成28年度ゼミ学生地域貢献推進事業」に採択された池上ゼミ、黒田ゼミ、二本松ゼミ、舩戸ゼミの4ゼミが、2月18日に本学にて開催された「第2回ふじのくに地域・大学フォーラム」において研究成果の発表を行いました。

 フォーラムには県内11大学(連携大学含む)のゼミやグループが参加し、自治体からの課題に挑戦したゼミ活動の発表、大学教員の地域研究の発表、大学生の提案発表などを行いました。また、質疑応答の時間には活発な意見交換がなされました。

 本学4ゼミが発表した研究成果のテーマ及び、研究を行った学生は下記のとおりです。

【文化政策学部 国際文化学科 池上 重弘ゼミ】
多文化共生社会の実現に向けて
~互いの違いを認め合えるまちづくり~

国際文化学科3年 
市川沙映子、伊藤優希、関谷理奈、田中琢問、永島有佳子
松浦達也、松下亜依、山本澪

【デザイン学部 生産造形学科 黒田 宏治ゼミ】
川根本町の地域特性を活かした景観計画・景観デザインへの提案

生産造形学科3年
植田満里奈、星野真優、 篠崎真実、若井明日香、杉本真衣香
渡辺瑞緒、玉腰ひかる

【文化政策学部 国際文化学科 二本松 康宏ゼミ】
浜松市天竜区水窪町における民間口承文化財(昔話)の採録調査

国際文化学科3年
佐藤妃莉、下川知沙子、羽石誠之助、東美穂、平手結花、山本かむい

【文化政策学部 文化政策学科 舩戸 修一ゼミ】
浜松市天竜区佐久間町における地域づくりの方策の研究

文化政策学科 2年 千葉大樹、1年 鈴木晴香

また、「学生・若者の提案・発表」の枠で、国際文化学科4年の
山口裕司さんが、浜松市内でフェアトレード商品を販売している
学生が運営する国際協力カフェ「タベボラ」について発表しました。

[発行部署:地域連携室]
ページの先頭へ戻る