ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > リッチモンド大学生8名と鈴木(元)ゼミ生が交流しました

トピックス


リッチモンド大学生8名と鈴木(元)ゼミ生が交流しました

公開日:2017年5月18日
5月17日(水曜日)、アメリカのバージニア州にあるリッチモンド大学(University of Richmond)〈http://www.richmond.edu/〉の大学生と、国際文化学科の鈴木元子ゼミの3,4年生が交流をしました。リッチモンド大学からみえた学生たちは、大学で日本語を学んでいる学生たちです。5月から6月と浜松市周辺でホームスティをしながら、フォーシーズンズ外国語学院で集中的に日本語の勉強をしています。約2か月弱のサマー・プログラム(Summer Study Abroad)の最後には京都や東京も訪れます。

SUAC生は英語で、またリッチモンド大学生は習いたての日本語を使って、大学生らしいさまざまな話題について意見交換をしました。

リッチモンド大学生との交流はゼミ・ベースではあるものの、開学以来、毎年欠かすことなく続けられています。毎年、交流会にみえるアメリカの学生さんたちの顔ぶれは変わりますが、今年は8名の学生のうち、米国籍が2名、中国籍が6名でした。本日、SUACに学生たちを引率されたのは、リッチモンド大学の日本語教授Prof. Akira Suzuki (湖西市出身)、助手2名、フォーシーズンズの佐々木京子先生でした。
[発行部署:企画室]
ページの先頭へ戻る