ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > モンゴルの高校生が本学を訪問しました

トピックス


モンゴルの高校生が本学を訪問しました

公開日:2017年7月13日
7月4日(火曜日)、本学をモンゴル在住の高校生8名が訪問し交流会を行いました。
デザイン学科 小浜准教授担当の授業「学芸の基礎」を受講する学生が、様々な工夫を凝らしてプログラムを作り、高校生を歓迎しました。

最初はウェルカムゲーム。本学学生と高校生が4つのグループに分かれて、ゲームをしながら自己紹介をしました。次に、書道でうちわ作り。本学の学生からは、高校生それぞれの名前が日本語で書かれた特製うちわが渡されました。また、モンゴルの高校生は、筆と墨を使ってモンゴルの言語で本学学生の名前を書いた作品を披露し、それぞれプレゼントされました。このほか、健康長寿に関するクイズゲーム、高齢者擬似体験ツールを利用した白玉デザートのクッキングを楽しみました。
さくらサイエンスプラン採択事業について
今回の訪問は、静岡県の特徴である「健康長寿」、「健康・医療」やそれを支える「ものづくり」に関わる取組みを学んでもらう「さくらサイエンスプラン」採択事業により、静岡県が実施した交流事業です。
モンゴル高校生来訪の様子
モンゴルの高校生との記念集合写真
モンゴル高校生来訪の様子2
モンゴル高校生来訪の様子3
[発行部署:教務・学生室]
ページの先頭へ戻る