ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 本学学生がボローニャ大学イタリアンデザイン・サマースクールに参加しました

トピックス


本学学生がボローニャ大学イタリアンデザイン・サマースクールに参加しました

公開日:2017年9月19日
ボローニャ大学イタリアンデザイン・サマースクール(IDSS)は、機能と美学が統合されたイタリアのデザインを学ぶ場として2006年に開始以来、毎年世界各地から集まる受講生を対象に開催され、イタリアの伝統的なDisegno(ディセーニョ:デッサンやスケッチを意味する言葉)が、いかに現代のインダストリアルデザインに息づいているかを体験しながら学ぶコースです。
今年度のIDSS2017には、静岡文化芸術大学からもデザイン学科2年生の6名の学生が参加し、アジア、ヨーロッパの各国から集まった学生達(6か国、25名)と8月22日から9月10日までの3週間にわたりイタリアのデザインに関する講義とグループワークに取り組みました。
150時間のカリキュラムと最終テストを終え、全員優秀な成績でのDiproma(単位の取得を認める証明書)をいただきました。

(後列左から)Freschi先生、Piretti先生、Cimatti先生、Mele先生
(前列左から)深谷真桜さん、大久保侑菜さん、木挽魁良さん、西山伽生さん、増子葉月さん、大塚美湖さん

ヘリコプターやインテリアなどのデザイナーでもあるFreschi教授によるスケッチ講習

アイスクリーム(ジェラート)製造装置で世界トップシェアを誇るCAPRIGIANI社の見学
[発行部署:企画室]
ページの先頭へ戻る