ホーム > 大学紹介 > 大学概要 > 大学情報 > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画


公立大学法人静岡文化芸術大学行動計画

本学に雇用されるすべての教職員が、仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい雇用環境を作ることによって、教職員がその能力を十分発揮できるよう、平成23年4月から平成27年3月まで4年間の行動計画を定めて実施してきたところであるが、その実施状況を踏まえ、新たな行動計画を次のとおり策定する。
 
  1.  計画期間 平成27年4月1日から平成32年3月31日まで(5年間)
  2.  対象職員 本学に雇用されるすべての教職員

(1)子育てと仕事が両立できる環境の整備

目標1 
男性職員の、配偶者の出産及び出産前後の子の養育に係る特別休暇の取得率について、計画期間終了までに50%以上を目指す。

対策
平成27年4月から
  • 当該休暇制度が広く認知され利用されるよう周知を図る。
  • 該当する教職員が現れた都度、当該休暇の取得を奨励する。

平成28年5月から
  • 誰もが働きやすい職場作りに向けて、学内に専門の委員会を設置し、可能なものから実行する。

目標2
出産・育児休業からの復帰支援の充実を図る。

対策
平成27年4月から
  • 出産・育児休業からの復帰に備え、休業期間中における大学に関する情報を提供する。
  • 休業期間中における自己研鑽のための、研修や講習会等の情報を提供する。
  • 復帰後に育児短時間勤務、育児部分休業等の諸制度を利用できるよう該当職員に制度を紹介する。

目標3
育児にかかる休業や休暇制度の取得を促進する。
  • 女性職員・・・育児休業取得資格者の休業取得率100%を目指す。
  • 男性職員・・・育児休業取得資格者のうち、計画期間において1名以上の取得を目指す。
  • 計画期間において、育児休業以外の育児に係る諸制度の利用者数2名以上を目指す。

対策
平成27年4月から
  • 子育て中の職員が、育児短時間勤務、育児部分休業等の育児に係る諸制度を利用できるよう広く周知を図る。

平成29年4月から
  • 育児や介護に係る諸制度がより利用しやすい制度になるよう、育児及び介護休業規程を改正した。

(2)働き方の見直しのための労働環境の整備

目標4 
時間外労働の縮減を図る。

対策
平成27年4月から
  • 会儀はできる限り勤務時間課内で終了できるよう設定し、勤務時間外会儀の自粛に努める。
  • 時間外勤務の実態を把握し、対策を検討する。
  • 時間外勤務縮減に向けた取組を実施する。

平成28年4月から
  • 引き続き時間外勤務の実態を把握し、対策の効果を確認しながら改善を図る。

目標5
年次有給休暇等の取得を促進する。

対策
平成27年4月から
  • 計画的な年次有給休暇の取得や夏季休暇と組み合わせた取得等を奨励する。
  • 計画的に休暇が取得できるよう、業務執行管理の徹底を促す。

目標6
ワーク・ライフ・バランスに関する意識向上を図る。

対策
平成27年4月から
  • ポスター、チラシほか関係情報を提供し、教職員の意識を啓発する。