ホーム > 大学紹介 > 大学概要 > 研究活動における不正防止への取り組み > 公的研究費等の不正使用防止対策

公的研究費等の不正使用防止対策


公立大学法人静岡文化芸術大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)を踏まえ、公的研究費等の適正な運営・管理を行い、不正使用等を防止するための取り組みを行っています。
 

教職員行動規範

公立大学法人静岡文化芸術大学では、教職員が高い倫理性を持ち、誠実に業務を遂行するため、不断に実践する基準として、教職員行動規範を定めています。
 

公的研究費等の管理・運営体制等

公立大学法人静岡文化芸術大学における公的研究費等の運営・管理体制及び研究費の不正使用等を防止すること並びに公的研究費等の不正使用等が生じた場合に厳正かつ適切に対応するための措置等に関し必要な事項を定めています。
 

公的研究費等の適正な運営・管理に関する基本方針

「公立大学法人静岡文化芸術大学における公的研究費等の不正防止計画」に本学の公的研究費等の適正な運営・管理に関する基本方針を定めています。
公立大学法人静岡文化芸術大学における公的研究費等の不正防止計画(抜粋)

2 基本方針
 

最高管理責任者である学長は、以下の方針に基づき公的研究費等に係る不正行為の防止に取り組む。

  1. 最高管理責任者のリーダーシップにより、学内に公的研究費等の適正な運営・管理の重要性の認識を徹底させ、不正行為を起こさない風土を作る。
  2. 研究の促進、業務改善及び経費削減等の効率化の推進、公的研究費等の適正な運営・管理のバランスの取れた取組を推進する。
  3. 社会に対し、公的研究費等の運営・管理について説明責任を果たすことができる体制を構築する。

相談窓口

公立大学法人静岡文化芸術大学では、公的研究費等の運営・管理に関する学内外からの相談を受け付ける窓口を設置しています。
 
(相談窓口)
公立大学法人静岡文化芸術大学事務局財務室
電 話:053-457-6112
受付時間:午前9時30分から午後5時30分(学校開校日)
 

通報窓口

公立大学法人静岡文化芸術大学では、公的研究費等の不正使用等に関する学内外からの通報を受け付ける窓口を設置しています。
 
(通報窓口)
公立大学法人静岡文化芸術大学事務局総務室
電 話:053-457-6111
受付時間:午前9時30分から午後5時30分(学校開校日)
 

不正防止計画

公立大学法人静岡文化芸術大学では、「公立大学法人静岡文化芸術大学における公的研究費等の取扱いに関する規程」第4条第2号の規定に基づき、「公立大学法人静岡文化芸術大学における公的研究費等の不正防止計画」を策定し、不正防止計画の実施を推進し公的研究費等の不正使用等の防止に継続的に取り組んでいます。

取引先の皆様へ
 

公立大学法人静岡文化芸術大学では、法令や学内規則等を遵守した調達等を実現し、不正な取引を一切排除するため、学内を挙げて取り組んでいます。取引先の皆様におかれましても、本学の公的研究費等の不正使用等の防止のため、本学の定める諸手続の遵守並びに不正使用等の防止の取組等にご協力をお願いします。

関係規程等

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)