ホーム > キャンパスライフ > 施設利用案内 > 文化・芸術研究センター

文化・芸術研究センター


文化・芸術研究センターとは

「両学部連携のもと、文化芸術に関する専門的研究成果を広く学内外に発信するとともに、国際社会や地域社会との幅広い交流及び連携を図ることを目的」として 設置された付属機関です。この目的を達するために、学生や教員が多目的に使えるホールとギャラリーを有しています。

主な施設

ホール・瞑想空間 : 北棟1階
ギャラリー : 西棟1階

どんな利用ができるか

(1)一般的な利用
ホール(北棟1階)は授業のある日は開放されていて、本学の学生や教員であれば誰でも自由に入れます。ただし、イベント等の開催時は、主催者の指示に従ってください。 ホールにあるピアノは、あいていれば自由に弾いてかまいません。
ギャラリー(西棟1階)は、展示のあるときだけ入れます。

(2)展示・イベントの利用
ホール、ギャラリーは、本学学生のグループが主催する教育に関連する企画展示やイベントに利用できます。
(使用の許可を受ける必要があります。)

例えば、次のような展示・イベントです。

  • デザイン作品(平面・立体)、美術作品の展示
  • 映像作品などの上映、パフォーミングアーツなどの上演

利用日・利用時間

展示・イベントの利用については原則として次のとおりです。
 
利用日 平日(月曜日から金曜日)及び土曜日(ギャラリーのみ可)
利用時間 午前9時から午後6時
注: 上記以外の利用希望(日・祝など)についても認める場合があります。

利用申請にあたって

展示やイベント等により、施設を占有して利用したい場合には、所定の利用申込書を地域連携室に提出してください。
利用許可にあたっては、文化・芸術研究センターで開催されるのにふさわしいものであるかどうかを審査しますので、早め(1ヶ月以上前)に申請してください。

利用上の注意事項

  • 施設は、施設管理者の指示に従って利用してください。
  • 施設内の機器等を使用したい場合は、事故の発生や物品の破損、紛失等を防ぐため、事前に使用する機器等の種類と数量を申請してください。
  • 展示やイベントで施設外から展示品や機器等を持ち込む場合は、施設の備品を汚損、破損しないように十分注意してください。
  • 持ち込んだ展示品や機器等は、利用申請期間を越えて施設内に保管や設置は出来ません。責任を持って期間内に撤収してください。
  • 他の利用者や周辺に迷惑を及ぼすような利用方法や行為のほか、公序良俗に反する内容であると施設管理者が判断した場合には、利用許可の取り消しや退去を命じる場合があります。
  • 原則として飲食、物販は禁止します。

施設の利用申請及び各種問合わせ

地域連携室 Tel: 053-457-6105