ホーム > キャンパスライフ > 施設利用案内 > 自由創造工房

自由創造工房


自由創造工房とは

学部・学科の垣根を越え、誰でも自由に「ものづくり」(制作・創作活動)ができる工房です。また、開かれた大学として広く地域に開放し「公開工房」なども実施しています。

主な施設

(1)アイデアを考えるスペース
学部・学科にとらわれず、自由にイメージし、アイデアを考える場として利用できます。

(2)イメージを形にするスペース
アイデアやイメージを平面へ写す作業をする場所です。基本に戻って鉛筆スケッチをしたり、パソコンを使って作業することができます。

(3)スケッチを形にするスペース
平面スケッチしたものを実際に形にする場所です。印刷・織物・木工・金工の工作ができる工具・備品を準備してあります。

利用形態

工房の利用形態は、本学教職員等の指導助言のもとに指定の講座で作品を創り上げる参加者募集方式の「公開工房」と、利用者自身が必要な材料を持ち込み工房内の設備・機械工具を利用して自由に作品を創る「一般利用」の2種類があります。

利用日・利用時間

利用日 原則として毎週月曜日から金曜日(振替休日・祝日は除く)
利用時間 午前9時から午後6時
注: 「公開工房」及び夏期休業等の長期休暇における開室日は、別途に定めます。

利用方法

教職員及び学生の利用

利用料は無料です。所定の利用申込書を地域連携室に提出してください。

一般の利用

会員登録(登録手数料500円)が必要です。なお、継続利用を希望する場合は更新登録が必要です。利用の都度「会員証」を提示し、所定の利用申込書を地域連携室に提出してください。あわせて利用料(1回300円)を納付してください。

利用上の注意事項

  • 施設は、施設管理者の指示に従って利用してください。
  • 施設内の機械や工具を使用したい場合は、事前に申し出てください。
注:事故の発生や機械の破損等を防ぐため、機械や工具を使用できるのは、授業などで使用経験がある者、または当該機械工具を使用した「公開工房」を受講した者、または教職員が立会う場合に限ります。
  • 施設内の工具や備品、その他の物品を施設外へ持ち出すことはできません。また、教職員が許可した場合を除き、電動工具の持ち込みは禁止します。
  • 制作や創作活動に必要な材料等は、各自の持ち込みとします。なお、持ち込んだ材料や制作途中の作品を工房内に保管することはできません。
  • 他の利用者や周辺に迷惑を及ぼすような利用方法や行為のほか、工作機械の使用に適さない(服装や態度等)と施設管理者が判断した場合には、利用許可の取り消しや退去を命じる場合があります。
  • 施設管理者が許可した場合を除き、原則として飲食、物販は禁止します。

施設の利用申請及び各種問合せ

地域連携室 Tel: 053-457-6105