ホーム > キャンパスライフ > 各種手続き > 学籍

学籍


学籍番号

入学と同時に各人に学籍番号が与えられます。在学中の学内における全ての事務手続は、学籍番号によって処理されますので、正確に記憶してください。学籍番号(7桁)の構成は次のようになっています。
7桁の学籍番号の構成の説明図。(1)1桁めと2桁めは、入学年度を示します。入学年度の西暦下2桁が使われます。(2)3桁めは、学部を示します。1なら文化政策学部、2ならデザイン学部、3なら大学院です。(3)4桁めは、学科や研究科を示します。文化政策学部の場合、1が国際文化学科、2が文化政策学科、3が芸術文化学科です。デザイン学部の場合、4がデザイン学科です。大学院の場合、1が文化政策研究科、2がデザイン研究科です。(4)5桁めから7桁めまでは、個人番号です。

修業年限

学部の修業年限は4年です。また、8年を超えて在学することはできません。大学院 修士課程の修業年限は2年です。また、4年を超えて在学することはできません。

休学

疾病その他特別の理由により、引き続き2ヶ月以上修学することができない学生は、学生委員会、教授会の議を経て学長の許可を受ければ休学することができます。また、学長は疾病のため修学することが適当でないと認められる学生に対し、休学を命ずることがあります。
休学の期間は引き続き1年を超えることができません。ただし、特別の理由がある場合には、学長の許可を受けて延長することができますが、引き続き休学する期間は最初の休学許可日から2年限りとなります。また、休学の期間は通算して学部生は3年、大学院生は2年を超えることができません。
休学しようとする学生は、まず、各学科・各研究科の学生委員の教員に相談してください。

退学

退学しようとする場合には、学生委員会、教授会の議を経て学長の許可を受けなければなりません。
退学しようとする学生は、まず、各学科・各研究科の学生委員の教員に相談してください。

除籍

次のいずれかに該当する学生については、学生委員会、教授会の議を経て除籍します。
  • 授業料の納入を怠り、督促してもなお納入しない者
  • 在学年限を超えた者
  • 休学の期間を超えてなお復学できない者
  • 長期間にわたり行方不明の者
  • 死亡した者