ホーム > キャンパスライフ > 学生生活サポート > 健康・学校医

健康・学校医


保健室

保健室では、病気やけが等の応急処置や、健康に関する相談に保健専門員が応じます。保健室で対応できない場合は、学校医又は医療機関を紹介しますので、気軽にご相談ください。
開室日時 月曜日から金曜日 午前9時から午後6時まで
春期・夏期・冬期休業の通常授業がない期間は、午後4時までの開室となります。
場所 北棟1階
Tel.053-457-6128

学校医

つばさ内科 医師 竹下 香
所在地 浜松市中区中央二丁目9-1
Tel. 053-482-8020
(大学南側、東小学校南)
診療時間 月曜日から土曜日:午前8時45分から午後0時
月曜日・火曜日・木曜日・金曜日:午後3時から午後6時
休診日 日曜日、祝日、水曜日午後、土曜日午後

定期健康診断

毎年1回、4月に実施します。定期健康診断(全学生対象に、問診・身体計測・視力検査・血圧測定・尿検査を行います。新入生と4年生は胸部レントゲン検査・医師による診察が、加わります。)は、疾病の早期発見や健康管理を目的とし、学校保健安全法により義務付けられていますので、必ず受診してください。無料です。尚、受診していない場合、就職活動・留学などに必要となる「健康診断調査書」が発行できませんので注意してください。

感染症に罹患した場合

下記の学校感染症に罹患した場合は、学校保健安全法に従い大学への出席(出校)停止となります。医療機関に受診して下記の感染症の診断を受けたら、必ず、教務・学生室(Tel.053-457-6162)に連絡して、職員の指示を受けてください。再登校については、医師の指示に従ってください。その際、下記の「登校許可証明書」を、医師に記入・捺印してもらい大学に登校した時に教務・学生室まで提出してください。
尚、毎年11月頃、学校医によるインフルエンザワクチン接種(自費)を本学で実施しています。後期、学内に掲示しますので、希望者は保健室へ申し込んでください。

登校許可証明書[PDF:84.8KB]

学校感染症(学校保健安全法施行規則第18条)
分類 疾患名
第1種 エボラ出血熱 クリミア・コンゴ出血熱 痘そう 南米出血熱 ペスト
マールブルグ病 ラッサ熱 急性灰白髄炎 ジフテリア 重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス) 中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス) 
特定鳥インフルエンザ
第2種 インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く) 百日咳  麻疹(はしか)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 風疹(三日はしか) 水痘(みずぼうそう)
咽頭結膜熱(プール熱) 結核  髄膜炎菌性髄膜炎 
第3種 コレラ 細菌性赤痢 腸管出血性大腸菌感染症 腸チフス パラチフス 
流行性角結膜炎 急性出血性結膜炎 その他の感染症

遠隔地被保険者証

健康保険証は、急な受診にも備えられるよう常に携帯していてください。家族連名になっている健康保険証で家族と離れて生活している学生が医療機関を受診する時に、「遠隔地被保険者証」が必要となる場合があります。詳しくは、保険取り扱い機関に問い合わせてください。

食生活

健康であることは、学生生活を有意義に過ごすための最も大切な要件の一つです。その健康を支えるのが食生活です。一人暮らしを始めると、食事が不規則になりがちです。朝食をとらなかったり、時間がないからインスタント食品で簡単に済ませることを続けると、栄養のバランスが崩れ病気に罹りやすくなります。一日三食しっかりとり、特に、野菜を豊富にとるように心掛けましょう。

飲酒

全国の大学でアルコールの乱用による悲惨な事故が発生しています。特にお酒のイッキ飲みは急性アルコール中毒を招き、死に至ることもあります。その場の雰囲気に流されてイッキ飲みを行ったり、他人にイッキ飲みを強制したりすることのないようにしてください。お酒を楽しむためには、自分や他人のペースを守ることが肝心です。
保健室ではアルコールパッチテスト(アルコールの分解能力を知る目安となる)を実施していますので、利用してください。
ただし、未成年者の飲酒は法律で禁止されていますので、お酒を楽しむのは20歳になってからにしてください。

受動喫煙防止に向けて

喫煙により、咽頭・肺・食道がんの発生率が非喫煙者に比べ高く、たばこに含まれるニコチンは血管収縮作用があり、心臓病や脳卒中など血管の病気も起こします。さらに肺気腫や慢性気管支炎、歯周病も起こすなど全身への健康障害が問題となっています。しかし、近年は喫煙者が吐く煙やたばこの先端から出る煙(副流煙)に、多くの有害物質が含まれ、非喫煙者への健康障害が問題となり受動喫煙対策が法的にも見直されています。
本学では、健康増進法に基づき、学内における受動喫煙を防止する為、敷地内全面禁煙となっています。大学近隣には小学校・公園・民家があります。学内だけでなく、地域の人々が健康で快適に過ごすことができる環境作りを目指しておりますので、マナーを守るようにしましょう。

睡眠

睡眠は、心身の健康を維持するためにとても大切です。体と心の疲労を回復させるためには十分な睡眠が必要です。睡眠を十分に取ることで、内分泌機能が向上し、体内での代謝活動促進やストレスへの耐性が強まります。
また、睡眠不足は生活習慣の乱れを招く一因でもあります。不規則な生活習慣を続けていると、数年後にがん(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患をはじめとした生活習慣病を発症させるリスクが高くなると言われています。睡眠を十分に取り、活力ある生活を目指しましょう。

AED設置について

平成16年7月に一般市民によるAED使用が解禁されてから、AEDを設置する公共施設等が増えてきました。本学でもAEDを設置し、万が一の場合に備えています。
設置場所


本学にはAEDを下記の3ヶ所に設置しています。

  • 守衛室(北棟1階、Tel:053-457-6236 、内線:6236)
  • 体育館(トレーニングルーム入口前)
  • 西エントランス
AED設置場所図
AEDの画像

AEDとは

AED(Automated External Defibrillator、自動体外式除細動器)とは、突然心停止状態に陥った時、心臓に電気ショックを与えて、正常な状態に戻す機器のことです。突然死の死因のほとんどは心臓疾患であり、その大部分は心室細動(心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせなくなる)という種類のものです。心室細動になると助かるチャンスは1分経過するごとに約7%から10%ずつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に至ります。この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法が除細動(心臓への電気ショック)であり、AEDはこの除細動を簡単に安心して行うことができるように設計された機器です。

操作方法

操作方法は以下のとおりです。(機器に説明書がついています。AED本体からの音声ガイダンスによる指示に従って操作してください)

1.AEDの電源スイッチを手前に引き、フタを開ける(電源が入る)。 
2.モード(成人モードまたは小児モード)を確認する。
  成人モード : 成人または小学生以上の場合
  小児モード : およそ6歳までの未就学児の場合
3.電極パッド袋を破いて、電極パッドを取り出す。
4.電極パッドを傷病者に貼る(AEDが傷病者の心電図を自動解析する)。
5.音声指示に従う。
 

一般人の利用法的責任等

AEDは知識をもたない一般人でも使用できる機器であり、たまたま救命の現場に居合わせた一般人がAEDを用いても法的責任を生じないこととなっています。

万が一、学内で倒れた人がいたら…
  1. 事務局(Tel. 053-457-6111 内線: 6111)または、保健室(Tel. 053-457-6128 内線: 6128)に連絡する
  2. 呼びかけても返事がない場合は 守衛室(Tel. 053-457-6236 内線: 6236)に連絡して、AEDを持ってきてもらう。
    同時に119番に通報する。
  3. 必要な救命措置を行う。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)