ホーム > 学部・大学院 > 2019年_新教育プログラム

新教育プログラム

文明観光学コース、匠領域
文明観光学コース

文化政策学部 文明観光学コース

世界と日本をつなぎ、観光立国を目指す時代へ。新しい学問領域から、次世代の人材を育成します。

世界中の人々が、魅力的な出会いを求めて旅をする観光のグローバル化が進む中、観光は、日本や地域の経済を活性化させる重要な成長分野になっています。そのような社会に求められているのは、文明という広い視野から観光というもののもつ創造力を捉えようとする新しい学問領域です。本コースは、その知見に基づいて、新たな観光資源の発掘や文化・芸術を活用した観光事業の開発に携わる人材の育成を目指します。
文明観光学コースが3学科横断している図。コースでは、新しい観光資源の発掘、新しい観光分野の開拓、グローバルな視野による貢献を目指します。

学びの特徴

新しい観光資源の発掘   名所・旧跡や食・温泉などの観光資源に加え、文化遺産や産業遺産、芸術文化活動など、新しい観光資源の発掘を担える人材を育成します。
 
新しい観光分野の開拓   ゲーム・アニメ・マンガなど、いわゆるサブカルチャーのコンテンツを含む新しい観光分野の開拓を担える人材を育成します。
 
グローバルな視野による貢献   実践的な外国語能力と文化・芸術分野の実務能力を備え、グローバルな視野から地域の観光産業に貢献できる人材を育成します。
  
 

コースの仕組みと履修の流れ

1年次 ガイダンスで、カリキュラム(必修・選択科目、ゼミ選択など)についての説明を受け、該当する科目を1、2年次の間に履修し始めます。
2年次 ゼミ選択説明会へ出席し、面談やゼミ希望申請手続きを行ったうえでゼミの登録をします。
3.4年次 文明観光学コース専任教員によるゼミに所属し、卒業研究の指導を受けます。

想定される卒業後の進路

  • 観光関連産業/企画、広報部門、通訳
  • 官公庁、自治体/観光、企画・広報部門
  • 劇場、美術館・博物館、文化施設、NPO等/企画、開発部門
匠領域

デザイン学部 匠領域

伝統建築や伝統工芸の継承から、新たな創造へ。新たな世界を切り拓く人材を育成します。

日本人の感性や美意識が息づいた伝統建築や伝統工芸は、後継者不足などによって厳しい状況にある一方で、デザイン分野とのマッチングによる新たな価値の創造や、世界に発信できる新たな文化資源としての展開が期待されています。本領域は、日本の伝統建築や伝統工芸に関する歴史、文化等の知識とともに、受け継がれてきた技術を理解することで、新しい日本の空間や工芸品を提案できる人材の育成を目指します。
デザイン学部に匠領域が加わった図。匠領域では伝統建築・伝統工芸の未来を拓く、地域社会の発展に貢献するデザイン、日本の伝統を生かしたデザインを学びます。

学びの特徴

伝統建築・伝統工芸の未来を拓く   地域観光や産業のほか社会の各分野との共同プロジェクトの実現など、高い企画立案力や調整力を持った専門家を育成します。
 
地域社会の発展に貢献するデザイン   地場産業を含む広域な産業とのマッチングにより、地域社会の問題を解決しつつ発展に貢献できる専門家を育成します。
 
日本の伝統を生かしたデザイン   建築・デザイン産業において、日本の伝統技術と現代技術を調和させた新たな価値の創造により、世界のトレンドをけん引できる専門家を育成します。
  
 

領域選択と履修の流れ

デザイン学科では、1学科5領域に、匠領域がプラスされ6領域となります。 
1年次 1年次から2年次前期までに、幅広くデザインの現況、歴史、技法、素材の特性など、全てのデザイナーにとって必要な要素を学びます。
2年次 2年次後期の領域選択時までに、各領域が開講する基礎演習の中から3科目以上を履修し、その中から希望領域を選択します。
3.4年次 選択した領域内で担当教員(ゼミ)を選択し、卒業研究・制作につながる専門分野の知識や技術を深化させます。

想定される卒業後の進路

  • 伝統建築関連産業/一級・二級建築士(木造建築、伝統建築)、プランナー(古い街並みの再生・保存)、インテリアデザイナー等
  • 伝統工芸関連産業/クラフトデザイナー(雑貨、生活用品、ジュエリー)、プロダクトデザイナー(家具、雑貨)、テキスタイルデザイナー(服飾デザイナー)、工芸品販売等
  • 林業関連産業/木材加工、木製品製造等
  • その他/自治体職員、伝統工芸作家等