ホーム > 学部・大学院 > 文化政策学部 > 芸術文化学科 > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ 芸術文化学科


芸術文化学科を目指す人へ、在学生からのメッセージです。
芸術文化学科4年真嶋陽さん画像

地域の人々にとっての文化・芸術とは。
自分の興味を突き詰めた4年間

芸術と文化政策のどちらも学べる本学科は、高校時代から演劇に携わり、芸術系の大学進学を考えていた私には理想的でした。いま興味を持って学んでいるのは、大人から子どもまで地域の人たちが、劇場や演劇とどう関わっていけるかということ。授業やゼミで様々な事例を通して知識を深めることで、入学時から漠然と感じていたこの課題を、より具体的に考えられるようになりました。1年次から舞台や演劇に関わるサークルや学内外の活動に積極的に参加。時にはプロと同じ舞台に立ち、時には運営側として携わり、すべてが貴重な経験となりました。世間では“遊び”と映るような事柄でも、真摯に取り組めば学問として研究することができる、それが高校との大きな違いであり、大学という学び場の魅力です。文化施設を運営管理する企業に就職することができたので、SUACでの学びを活かし、子どもたちが芸術に触れる機会を増やす活動をしていきたいです。
 
真嶋 陽 MAJIMA You
芸術文化学科 4年 岩手県立黒沢尻北高校出身
高3のとき   演劇部に所属。進路で俳優を目指すか進学するか悩む
 
1年次   音響照明研究会、座★がくらく、放送部、薪能等、部活や学内活動に邁進
 
2年次   授業や先輩の影響でいろいろな劇団の公演を見るようになる。そうした交流が縁で、富山県の利賀村の演劇祭にボランティアとして参加
 
3年次   インターンシップで静岡県のSPACと鳥の劇場(鳥取県)を訪れる。ゼミでは学内でのSPACとの合同公演に参加
 
進路   卒業後は、公共施設の管理や運営をする(株)ケイミックスパブリックビジネス
芸術文化学科4年森下千裕さん画像

世界には様々な音楽や芸能がある。
その魅力を多くの人に伝えるために

高校時代に行われたSUACの梅田先生の模擬授業でバリ島の民族音楽・ガムランに出会い、音楽というジャンルを幅広く学べ、アートマネジメント系の科目も学べる本学科を志望しました。授業やサークルでガムランを学んでいましたが、「本場を見ることが大切」という先生の言葉に影響を受け、より深く学ぶためにバリ島へ渡航。ガムランと踊りの関わりやバリの芸能について知りたいと、次々に興味が広がり、3年次後期から1年間休学して、留学を果たしました。今はインドネシア語の勉強も進めています。SUACは、それぞれの目標や興味に向かって活動している人が多いので、仲間の影響で視野が広がったり、自分の活動のヒントになったり。お互いに刺激しあえるので、何かをやってみたい人におすすめの環境です。将来のことはまだわかりませんが、バリの音楽や踊りを広める様々な活動を通して、音楽というジャンルの多様さやその魅力を伝えていけたらと思っています。

森下千裕 MORISHITA Chihiro
芸術文化学科 4年 静岡県立浜松江之島高校出身
高3のとき   演音楽科でピアノを専攻。実技を中心に音楽の勉強に励む/td>
 
1年次   音楽科目を中心に履修。視野が広がり、様々なジャンルの音楽に興味を持つ。本物を見たるために沖縄のエイサー大会にも足を運ぶ
 
2年次   ガムランを学ぶために、夏休みにバリ島へ1カ月渡航。さらに、春休みに再び3週間渡航する
 
3年次   本格的なバリ留学に向けてゼミでも準備のための勉強に励む。
※3年次後期〜4年次前期を休学