ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 下澤 嶽

教員紹介


下澤 嶽 教授写真

下澤 嶽

SHIMOSAWA Takashi
 

文化政策研究科長 教授

文化政策学部 国際文化学科

大学院 文化政策研究科

キーワード:NGO、NPO、ボランティア、国際協力、市民社会、フェアトレード
出身地 愛知県豊橋市
学歴 一橋大学大学院社会学部地球社会専攻博士課程単位取得退学(2010年)
学位 社会学修士
経歴
  • シャプラニール=市民による海外協力の会事務局長(1988年から2002年)
  • 国際協力NGOセンター事務局長(2006年から2010年)
  • 静岡文化芸術大学准教授(2010年)、教授(2012年から)
担当授業分野 国際協力論、NPO・NGO論 など
研究分野 国際協力とNGO
研究テーマ NPO経営と寄付の関係
研究業績

著書

  • 『フェアトレードタウン 誰も置き去りにしない公正と共生のまちづくり』(共著、新評論、2018年)
  • 『バングラデシュを知るための66章』(共著、明石書店、2017年)
  • 『静岡県遠州地域における企業の社会貢献活動調査報告書』(学部長特別研究、2013年)
  • 『バングラデシュ・チッタゴン丘陵で何が起きているか』(ジュマ・ネット、2012年)
  • 『アジアの人権ガバナンス』(勁草書房、2011年)
  • 『開発NGOとパートナーシップ 南の自立と北の役割』(コモンズ、2007年)
  • 『チッタゴン丘陵白書 バングラデシュ・チッタゴン丘陵地帯の先住民族 紛争・人権・開発・土地問題 2003年から2006年』(ジュマ・ネット、2007年)
  • 『国家・社会変革・NGO 政治への視線/NGOは運動はどこへ向かうべきか』(新評論、2006年) その他多数

論文・解説

  • 「エシカルな地産地消についての考察-農業生産物を事例に-」(静岡文化芸術大学紀要、2017年)
  • 「和平協定の脆弱性と向き合う」(国際ボランティア学会紀要2016 Vol 16、2016年)
  • 「日本赤十字社、共同募金にみる日本的募金の展開」(SUAC研究紀要16、2015年)
  • 「地方都市のフェアトレードの現状と展望~静岡のフェアトレード・グループの事例から~」(SUAC研究紀要13、2012年)
受賞歴 愛知大学同窓会奨励賞授与(2008年3月)
所属学会・団体 日本平和学会、日本NPO学会、国際ボランティア学会
社会的活動 平和構築NGO ジュマ・ネット代表

 

メッセージ

市民がつくる未来社会

私は、これまで日本のNGO(Non-Governmental Organization)で20年以上、開発途上国の支援活動の仕事をしてきました。 その仕事を通して、市民は国家だけに依存して判断したり、活動をしているのではないことを痛感することが多くありました。 また国家以外の空間でつながる市民のネットワークや活動のエネルギーが社会を変えることも、多く目にするようになってきています。 NGO、NPO、市民社会、ボランティアが、21世紀の変化を創り出すひとつのキーワードであることは、間違いないでしょう。

しかし、こうした市民の変化は一部のヨーロッパや大都市だけなのでしょうか。 日本は官僚主義が強く、市民の活動は一段低く見られたり、NPOも行政事業の下請け機関として考えられてしまうことがよくあります。 また多くの日本人は、民間のボランティア団体やNPOに寄付をすることをあまりすすんでしません。 「本当にこの団体は大丈夫かな」といった不安を多くの日本人が持ってしまうのはなぜでしょう。 こうした日本社会で、NGOや市民社会的な価値観は本当に広がってくのでしょうか。 さらに日本の地方都市ではどうなのでしょうか。

「日本型NGO」「日本型市民社会」とは何かを考え、この浜松市で起きていることをとりあげながら、これまでの経験を再考していきたいと思っています。