ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化・芸術研究センター 教員紹介 > 藤井尚子

教員紹介


藤井尚子先生写真

藤井 尚子

FUJII Naoko
 

准教授

E-mailアドレス : n-fujii@suac.ac.jp

キーワード:テキスタイルデザイン(サーフェイス、テクスチャー)、アートワーク(ロウ防染)

出身地 神奈川県
学歴
東京藝術大学大学院美術研究科(芸術学専攻美術教育研究領域)
学位 博士(美術)
経歴
  • 多摩美術大学美術学部生産デザイン学科助手(1995年4月から2002年3月)
  • 東北芸術工科大学美術学部非常勤講師(2001年4月から2008年3月)
  • 財団法人新国立劇場バレエ研修所非常勤講師(2004年4月から2008年3月)
  • 東京造形大学造形学部非常勤講師(2005年5月から2008年3月)
  • 鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師(2006年9月から2008年3月)
  • 東京藝術大学大学院美術研究科非常勤助手(2007年4月から2008年3月)
  • 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科准教授(2008年4月から2019年3月)
  • 東京藝術大学美術学部非常勤講師(2013年4月から現在)
担当授業分野 テキスタイル概論、素材加工演習、表現技法Ⅰ、基礎演習F、現代デザイン論など
研究分野 テキスタイルデザイン領域、日常の中の染織文化、アノニマスデザイン
研究テーマ
  • テキスタイルデザインおよびアートワークによる療養環境の向上(患者のQOLを向上させる病衣の研究・療養環境の空間演出)
  • 伝統技術のデザインイノベーション(染織産地との協働による製品デザイン企画・提案)
  • テキスタイルをめぐるアノニマスデザインの応用
研究業績 著書
  • (単著)『赤の力学 -色をめぐる人間と自然と社会の構造-』(風間書房 2015年)
  • (共著)『日本・地域・デザイン史Ⅱ』(美学出版2016年,「ものづくりと名古屋の伝統デザイン:人々の往来を生む『有松・鳴海絞』」pp.120〜121)
  • (共著)『文部科学省検定済教科書 高等学校芸術科工芸 工芸Ⅱ 教授資料』小松敏明監修、共著者長濱雅彦、川野辺洋他, 日本文教出版,2013年,「一枚の布」p.58)

論文・解説
  • 論文(査読有り)「『病院のアート』をめぐる主体と意義についての予備的考察—パブリックアートの概念と『公共性』を手掛かりに—」(藤井尚子,『美術教育研究』No.24/2018,東京藝術大学美術教育研究会 2019年, pp.1〜14)
  • 論文(査読無し)「『かわりのかたち』にみる日本の絞りの独自性—形の機能と美意識を応用した絞りの病衣を事例に-」(藤井尚子,『芸術工学への誘い』vol.19/2014,名古屋市立大学芸術工学研究科紀要集,2015年pp.67〜77)
  • 論文(査読有り) “Patient Clothes Using SHIBORI: Japanese Aesthetic Sense and Compact Function that Contributes to Easy Removability”(FUJII,Naoko, 9th International Shibori Symposium 2014 Proceedings, World SHIBORI Network, 2014.pp105〜112)
  • 論文(査読有り)「紅(アカ): 二つの色名『クレナイ』と『ベニ』にみる色と人間の関わり」(藤井尚子,『FFIジャーナル』Vol.209 No.04/2014, 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社,2014年,pp.378〜386)
  • 論文(査読有り)「着脱動作の負担軽減に資する病衣の研究—袖ぐり(アームホール)形状と伸縮素材の相関性の実証—(藤井尚子,『生活環境向上のための研究報告書』vol.14/2011,公益財団法人日比科学技術振興財団,2012年pp.121〜132)
  • 論文(査読無し)「福祉を架橋する病衣のデザインについての考察—ヘルシンキ市立ロイフヴォリ高齢者センターに見る〈家〉と〈衣服〉を手がかりに—」(藤井尚子『芸術工学への誘い』vol.16/2011名古屋市立大学芸術工学研究科紀要集,2012年,pp.19〜35)
  • 実践報告「シンポジウム『アートで医療が変わる』」(共著,『芸術工学への誘い』vol.22/2017,名古屋市立大学芸術工学研究科紀要集,pp.65〜70)
  • 新聞記事「医人伝439 着やすくおしゃれな病衣」(中日新聞2018年10月30日版p.19)
  • 寄稿「研究現場発 人を織り成すテキスタイル 使い手に寄り添う「病衣」デザインの開発」(中部経済新聞2018年5月8日版p.15)
  • 解説「『くれない』と『べにいろ』、『シミル』と『ソメル』—その違いから人間と色の関わりがみえてくる」(藤井尚子,『A・F・Tジャーナル51 2013Spring』公益社団法人色彩検定協会,2014年,p.7)
  • 寄稿「いろいろあるよ色のヒミツ」(藤井尚子,中日新聞こどもウィークリー161号,2014年8月30日版)
  • 寄稿「『絞り』を巡る異文化交流」(中日新聞2012年6月8日版)

作品・プロジェクト
  • 「Beyond the Blue」(インスタレーション,名古屋市立大学附属病院外来病棟アトリウム,2017年)
  • 企画展「テキスタイルアート・ミニアチュール展」(ルーフギャラリー,2010年,Gallery5610, 2011年, 伊丹市立工芸センター.2013年, Gallery5610/金沢21世紀美術館,2015年, Gallery5610/祥明大学校ギャラリー(韓国)/福岡アジア美術館,2017年)
  • 「SHAKKEI」(企画展「絞りSHIBORI-有松・鳴海絞から世界の絞りまで」ナディアパークデザインホール(名古屋,2017年),(企画展「美術教育の森 東京藝術大学美術教育研究室の作家たち」東京藝術大学美術館,2019年)
  • 企画展「The Nature Spirit –Arte Textil Contemporáneo Japonés」(サラマンカ・日西文化センター・美智子様ホール/マドリード・コンプルテンセ大学芸術センター,2011年から2012年)
  • 企画展「テキスタイルの未来形」(札幌芸術の森美術館,2008年/福岡アジア美術館,2009年)
  • 企画展「Japanese-Ukrainian exhibition on mini textile –Peace in White, Nothing but Everything」(KCC Gallery,2008年/Kherson Local Lore Museum Ukraina,2009年)
  • 公募展「Kaunas Art Biennial ‘TEXTILE 05’」(M.Zilinsko Dailes Galeria, Kaunas,2005年)
  • 企画展「工芸/素材の展望2005」(東北芸術工科大学悠創館,2005年)
  • 公募展「The World Batik Conference Exhibition ‘Wax Eloquent’」(Arnheim Gallery in MassArt,2005年)
  • 「光景シリーズ」(『 NTT技術ジャーナル』表紙アートワーク2004年から2005年)
  • 「ふろしき HIBIKI」(名古屋市立大学開学65周年記念品,2015年)
  • 「ふろしき東奔西馳」(第27回泌尿器内視鏡学会総会記念品,2012年)
  • 「ふろしき金うろこ」(名古屋市および名古屋市立大学海外来賓用記念品,2010年)
  • 「ふろしき結」(公立大学病院看護部長協議会記念品,2009年)

特許等
  • 伝統的工芸品「有松・鳴海絞」とのデザイン・コラボレーションでの成果の一部について、知的財産権(意匠権)を取得(2010から2014年)
受賞暦 名古屋市立大学学長表彰(2014年)
Surface Design Association Excellent Award(2005年)
東京藝術大学藤野奨学金藤野賞(2004年)
所属学会・団体 美術教育研究会
芸術工学会
日本色彩学会
日本テキスタイルカウンシル
日本テキスタイルデザイン協会
社会的活動
名古屋市成人式記念品デザイン画審査委員(2012年から)
名古屋市市民有地緑化コンテスト評価審査委員(2015年から)
JIAゴールデンキューブ賞審査委員(2013年、2017年)      ほか

メッセージ

 私たちをとりまき、相互作用を及ぼしあう事物との関わり方は、人間の生きる知恵そのものといえるでしょう。布一枚にも、こうした生きる知恵を見いだすことができます。
 テキスタイルデザインは、衣食住といった、ヒトの生理的欲求にもとづく根源的な知恵から、「誰でもない私」を認識・創出する手掛かりといった、人間が社会的に存立する多様で派生的な知恵まで、広く、深く関わっています。そのため、デザインだけでなく、社会学や文化人類学、今日では、バイオミメティクスを応用した材料開発など関連分野も広範に亘り、他領域との学際的なアプローチもなされています。
 このように、広く、深いテキスタイルの分野ではありますが、それらに共通するのは「柔軟性」です。繊維素材を材料に紡いだ[糸]を素材とし、織る・編む・組むことで[布]となるテキスタイルは、柔らかでしなやかな物性を持っています。この物性は、人の身体など複雑な形体に沿い、自在に包み込むことができます。また、畳んで丸めて小さくコンパクトになる、比較的軽量な素材のためポータビリティにも優れている、染色やプリントすることで、多様なサーフェス・テクスチャーをつくりだせる…といったフレキシビリティな特性は、人間の生きる知恵や工夫において扱いやすく、新たな挑戦に適した素材なのです。
 今日もなお私たちは、日々、最適解を探り、更新し、時代に見合う知恵や工夫を生み出しています。古きを学び新しきを知ることもまた、デザインへの示唆を得ることができるはずです。繊維から糸をつくり、糸から布をつくり、布を染め加飾する、長い時間のなかで洗練されてきた伝統技法の合理性を学びながら、新しいテキスタイルデザインに挑戦し、一緒にテキスタイルの可能性を拓いていきましょう。