• TOP
  • イベント
  • 映画資料展「Moving Text -映画資料を読む-」

イベントEvent

開催

2021年3月4日(木)から4月6日(火)

映画資料展「Moving Text -映画資料を読む-」

Moving Text 映画資料を読む のグラフィック

映画資料展「Moving Text -映画資料を読む-」を開催します。
(3月4日から4月6日開催)

1930年代から2000年代までの映画資料の中から「地域と映画文化」「パンフレットの世界」「制作の舞台裏」という3つのキーワードをあげ、約120点の資料を紹介します。
木下惠介や浦岡敬一の書込みの跡が残る制作台本や、1930年代の映画館プログラム、時代を象徴するパンフレットなど、様々な媒体の資料を固定された懐古的なものと捉えるのではなく、いまなお運動を続ける『動いているテキスト』として見返すことで、時代の変化を含んだ豊かな表現が見えてきます。

注:多くの資料は実際に手にとってご覧いただけますが、一部保護が必要な資料については展示ケースでの閲覧となります。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入場の際手袋を配布いたします。着用の上、ご覧ください。

開催日程

【期間】2021年3月4日(木曜日)から4月6日(火曜日)
【時間】午前11時から午後18時(4月6日は午後15時まで)
【休館日】3月7日、3月11日から13日、3月22日から23日
【会場】静岡文化芸術大学 ギャラリー 静岡県浜松市中区中央二丁目1番1号

講演情報

【講演】「ミニシアターでの経験とこども映画教室の活動」
【講師】土肥悦子(シネモンド代表/一般社団法人こども映画教室代表理事)
【日時】2021年3月25日(木曜日) 午後1時30分から午後3時40分
【参加方法】要申込(申込先着順・定員20名)
 氏名(フリガナ)、参加人数、電話番号をご記入のうえ、下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
【申込先】E-mail:text@suac.ac.jp Fax.053-457-6125

【ご来場のお客様へのお願い】
  • ご来場の際は、必ずマスクをご着用ください。
  • 受付では検温にご協力ください。また、手指の消毒をお願いいたします。
  • 会場内で激しく咳き込まれるなど、風邪のような症状がある方には、ご退室をお願いする場合がございます。
注:コロナウイルス感染症拡大防止のため、当日までに開催内容等を変更する場合は、 お申込のメールアドレス、本学ホームページにてご連絡いたします。

企画・運営総括

池田泰教 加藤裕治 的場ひろし

資料選定

土屋麻子 井出直樹

グラフィックデザイン

博多哲也

什器設計

LAP

空間設計

髙部 亘 根木隆之 池田泰教

主催

静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター

協力

静活株式会社
静岡県立中央図書館
木下惠介記念館(浜松市旧浜松銀行協会)【指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ】
特定非営利活動法人トータルケアセンター「浦岡敬一のシゴト部屋」

制作協力

ファブラボ浜松テイクスペース

お問い合わせ

静岡文化芸術大学 情報室図書係 (担当 :土屋)
Tel.053-457-6124 Fax.053-457-6125
E-mail:text@suac.ac.jp

発行部署:地域連携室