• TOP
  • イベント
  • 【立入教授、田中准教授登壇】2021年度公開講座・シンポジウム「ミュージアムは誰とつながるのか ― 過去・現在・未来」

イベントEvent

開催

2021年11月14日(日)

【立入教授、田中准教授登壇】2021年度公開講座・シンポジウム「ミュージアムは誰とつながるのか ― 過去・現在・未来」

静岡県立美術館の名品コレクションで構成した移動美術展「静岡県立美術館超名品展 風景と人間」(2021年11月13日から12月19日)は浜松市美術館を会場として開催が決まり、同展覧会の開催に合わせて、「コレクションの 地域社会における意義を考える」をテーマとして、シンポジウムを本学にて開催します。
コロナ禍の影響により、海外のコレクションを中心に構成した全国巡回展の開催が困難になる中、地域が持つコレクションについて改めて見直し、公立美術館が地域社会に果たす役割について考えます。
2021年度公開講座・シンポジウムのチラシ画像

2021年度公開講座・シンポジウム
ミュージアムは誰とつながるのかー過去・現在・未来
ーコレクションの地域社会における意義を考えるー

【日時】2021年11月14日(日曜日)午後2時から午後4時(開場:午後1時30分から)

【場所】静岡文化芸術大学 講堂

【対象】どなたでもご参加いただけます

【参加費】無料

【定員】250名(要事前申込)

【申込方法】下記、申込みフォームよりお申込みください。

申込みフォーム(Googleフォームが開きます)

注:お申込み頂いた個人情報は本学のプライバシー・ポリシーに基づき適切に管理いたします。
なお、本講座を実施するための連絡等に利用するほか、各種講座のお知らせのために利用することがあります。
注2:新型コロナウィルス感染症の感染拡大の状況により、開催方法が変更になる可能性がございます。
その際は、ご登録いただいたメールアドレスにご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
2021年度公開講座・シンポジウムのチラシの裏の画像

【登壇者】
静岡県立美術館 館長・木下直之
静岡県立美術館 学芸員・植松篤
浜松市美術館 学芸員・増井敦子
静岡文化芸術大学 准教授・田中裕二
司会:静岡文化芸術大学 教授・立入正之

【主催】静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター、静岡県立美術館、中日新聞東海本社

【協力】浜松市美術館

【お問い合わせ】

静岡文化芸術大学 地域連携室
Tel.053-457-6105 Fax.053-457-6123

【交通アクセス】
本学には駐車場はございません。公共交通機関、または近隣の有料駐車場をご利用ください。

交通アクセス

発行部署:地域連携室