イベントEvent

開催

2021年11月27日(土)から2022年1月21日(金)

絵画と音楽講座

「絵画と音楽」にまつわる歴史的な関係性をテーマに、双方が互いに受けた影響について探る全3回の講座が開催されます。各回具体的な作品を例に取り上げ、ピアノの生演奏を予定。
ファシリテーターとして本学高田和文理事、梅田英春教授、立入正之教授(芸術文化学科)が登壇します。
絵画と音楽講座チラシ画像

絵画と音楽講座

【日時】(全3回、単独受講可能)
第1回:2021年11月27日(土曜日) 午後3時開演
第2回:2021年12月19日(日曜日) 午後3時開演
第3回:2022年1月21日(金曜日) 午後6時開演

【会場】静岡文化芸術大学 講堂

【受講料】無料(要事前申込)

【定員】各回200名予定

【主催】公益財団法人浜松市文化振興財団
【協力】静岡文化芸術大学
【演奏協力】アンサンブルムジーク浜松

【お問い合わせ】
公益財団法人浜松市文化振興財団 文化事業課
Tel. 053-451-1151

参加申込

参加のお申し込み方法は以下の2つです。

(1)申し込みフォーム
以下、リンク先にアクセスし、必要事項を入力してください。
「絵画と音楽講座」申し込みフォーム

(2)電話
お申し込みの際には、希望日・お名前・電話番号・メールアドレス・お申込み人数の情報が必要です。
公益財団法人浜松市文化振興財団「絵画と音楽講座」係 Tel. 053-451-1151
 

内容

第1回 フェルメールと音楽

ファシリテーター:立入正之(本学芸術文化学科教授)
演奏:宮本いずみ(ピアノ)

第2回 19世紀パリの華「グリゼット」

ファシリテーター:高田和文(本学教育・研究担当理事)
演奏:伊藤 絢(ピアノ)、岡本実佳(ソプラノ)

第3回 絵画と音楽に見る「ジャポニズム」

ファシリテーター:梅田英春(本学芸術文化学科教授)
演奏:伊藤 絢(ピアノ)、岡本実佳(ソプラノ)

ゲスト(全3回共通)
加藤浩子
音楽物書き。慶応義塾大学文学部、同大学院修了(音楽学専攻)。大学院在学中、オーストリア政府給費留学生としてインスブルック大学留学。主にバッハを中心とする古楽やイタリア・オペラをテーマに、新聞、雑誌、オンラインメディアなどに寄稿、また講演や講座、演奏を含むレクチャー・コンサートにも携わる。

発行部署:企画室