• TOP
  • イベント
  • 【文化政策学科・加藤教授登壇】木下惠介生誕110周年記念シンポジウム「木下惠介のまなざしを探る」

イベントEvent

開催

2022年10月8日(土)

【文化政策学科・加藤教授登壇】木下惠介生誕110周年記念シンポジウム「木下惠介のまなざしを探る」

1912年浜松に生まれ、昭和期を代表する映画監督の一人として活躍した木下惠介の生誕110周年を記念し、シンポジウムに、文化政策学科加藤裕治教授が登壇します。
映画監督として『二十四の瞳』、『喜びも悲しみも幾歳月』など多くの名作を生みだしたのち、テレビドラマ業界に進出した木下惠介の原点は「家族」。家族、映画、そしてテレビに向けた「まなざし」を研究者や関係者の多角的な視座から探るシンポジウムです。

木下惠介生誕110周年記念シンポジウム「木下惠介のまなざしを探る」

木下惠介生誕110周年記念シンポジウム「木下惠介のまなざしを探る」チラシおもて
【日時】2022年10月8日(土曜日)午後1時から午後4時30分(受付開始午後0時30分)
【会場】木下惠介記念館・アートホール
【対象】中学生以上
【定員】50名(先着順)
【参加料】500円 注:常設展もご覧いただけます。
【主催】木下惠介記念館(浜松市旧浜松銀行協会)

【プログラム】

第一部
講演(1)「木下惠介、人間そして家族愛」  講師:原田 忍(エッセイスト)
講演(2)「木下惠介映画のまなざし」  講師:マチュー・カペル(東京大学教養学部・大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース 准教授)
講演(3)「木下惠介とテレビドラマ」  講師:加藤裕治(静岡文化芸術大学文化政策学部文化政策学科 教授)

第二部:パネルディスカッション
登壇者:加藤裕治、原田忍、マチュー・カペル
モデレーター:村松 厚(木下惠介記念館 館長)

発行部署:企画室