• TOP
  • イベント
  • 【学生作品上映】インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)

イベントEvent

開催

2022年9月29日(木)から10月2日(日)

【学生作品上映】インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)

全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションのフェスティバル「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2022」に、本学デザイン学部の学生作品が出品され、上映されます。

開催20回目を迎える今回は、全30校、200作品を超える学生アニメーションが集合。国立新美術館(東京都)で上映されるほか、インタビューなどはオンライン配信でも開催されます。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2022(ICAF2022)

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2022チラシ画像
【会期】202年9月29日(木曜日)から10月2日(日曜日)
    オンライン期間:9月26日(月曜日)から10月2日(日曜日)
    会場上映期間:9月29日(木曜日)から10月2日(日曜日)
【会場】国立新美術館(全作品上映)
    特設WEBサイト(一部オンライン配信)

【主催】インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル実行委員会
【共催】日本アニメーション協会(JAA)、日本アニメーション学会(JSAS)
【特別協力】国立新美術館

【幹事校(5校)】
多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京造形大学、武蔵野美術大学
【参加校(30校、五十音順)】
アート・アニメーションのちいさな学校、秋田公立美術大学、大阪芸術大学、大阪電気通信大学、尾道市立大学、金沢美術工芸大学、吉備国際大学、九州産業大学、京都芸術大学、京都精華大学、神戸芸術工科大学、嵯峨美術大学、静岡文化芸術大学、尚美学園大学、女子美術大学、筑波大学、東北芸術工科大学、長岡造形大学、名古屋学芸大学、日本大学芸術学部、比治山大学短期大学部、広島市立大学芸術学部、文化学園大学、北海道教育大学岩見沢校、横浜美術大学

発行部署:企画室