• TOP
  • イベント
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展

イベントEvent

開催

2022年11月17日(木)から12月11日(日)

レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展

レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展
静岡文化芸術大学では、「レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展」を開催します。
今回展示するレオナルド・ダ・ヴィンチの理想都市模型は、2021年秋に本学に寄贈された巨大木製都市模型(3.0メートル×1.7メートル)です。

1480年代にイタリア・ミラノを襲ったペスト禍に対して、レオナルド・ダ・ヴィンチが感染症に打ち勝つために描いた理想都市についての複数のスケッチをもとに、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館が1950年代に制作したもので、レオナルド・ダ・ヴィンチが構想した内容を示す貴重な都市模型です。
模型のなかの都市は、公衆衛生学的な観点から動線が分けられており、現代の都市計画にも通じる先駆的な考え方を窺うことができます。この模型をCGやVRなど最新の表現技法によって展示し、その研究とともに公開します。

期間中には関連企画としてシンポジウムやギャラリートークを行い、コロナ禍の現在にも照らし合わせ、500年前にも同じように感染症に対して知恵を絞って立ち向かっていたことを知るとともに、コロナ禍におけるまちづくりのあり方を考えます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展
感染症に立ち向かう 500年前の理想都市

【会期】2022年11月17日(木曜日)から12月11日(日曜日)(注:11月19日(土曜日)は休館)
【時間】午前10時30分から午後6時
【会場】静岡文化芸術大学 ギャラリー
【入場料】無料
【主催】公立大学法人静岡文化芸術大学
【助成】公益財団法人三菱財団
【協賛】株式会社タミヤ
【協力】武蔵野美術大学、駒澤大学、浜松科学館
【後援】イタリア大使館、日本建築学会、日本都市計画学会、NHK静岡放送局、中日新聞東海本社、
    静岡新聞社・静岡放送、静岡県、静岡県教育委員会、浜松市、浜松市教育委員会、公益財団法人浜松市文化振興財団

「レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展」チラシ[PDF:2.4MB]

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 企画室
Tel. 053-457-6113(平日 午前9時から午後6時まで)

E-mail: kikaku@suac.ac.jp

(注)展覧会の具体的内容についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
静岡文化芸術大学 デザイン学部 デザイン学科 准教授 松田達
TEL. 053-457-6218 E-mail: matsuda@suac.ac.jp
【交通アクセス】
駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。)

交通アクセス

シンポジウム「レオナルド・ダ・ヴィンチと理想都市の夢」

【日時】2022年11月27日(日曜日)午後1時から午後4時10分
【会場】静岡文化芸術大学 講堂
【参加費】無料
【定員】会場定員80名、オンライン定員80名(申し込み先着順)

【申込締切】2022年11月24日(木曜日)午後6時

パネリスト
・長尾重武(ルネサンス建築史、詩人、武蔵野美術大学元学長・同名誉教授)
・池上英洋(レオナルド研究者、西洋美術史、東京造形大学教授)
・五十嵐太郎(建築史家、建築批評家、東北大学大学院教授)
コメンテーター
・高田和文(イタリア演劇、本学元副学長・同名誉教授)
・天内大樹(美学、デザイン史、本学デザイン学部准教授)
モデレーター
・松田達(建築学、都市学、本学デザイン学部准教授)

ギャラリートーク

ギャラリートーク(1)
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展の日本における受容について」
【日時】2022年11月29日(火曜日)午後3時

【講師】田中裕二(博物館学、芸術支援、本学文化政策学部准教授)

ギャラリートーク(2)
「レオナルド・ダ・ヴィンチとルネサンスの都市計画」
【日時】2022年12月3日(土曜日)午後2時

【講師】松田達(建築学、都市学、本学デザイン学部准教授)

学生企画イベント
「レオナルド クイズ大会!」
【日時】2022年12月5日(月曜日)午後6時

【運営】有志学生

ギャラリートーク(3)
「レオナルドの発明と建築」
【日時】2022年12月7日(水曜日)午後3時

【講師】立入正之(美術史学、文化財科学、本学文化政策学部教授)

各回共通事項
【会場】静岡文化芸術大学 ギャラリー
【参加費】無料

発行部署:企画室