ホーム > 入試案内 > 学部入試案内 > 2021年度入学者選抜の変更について(予告)

2021年度入学者選抜の変更について(予告)


2021年度入学者選抜(2020年度に実施)では、アドミッションポリシーに基づき、「学力の3要素」を多面的・総合的に評価するため、以下のとおり内容を変更します。詳しくはPDFファイルを御確認ください。

「2021年度 文化政策学部入学者選抜の変更について(予告)」[PDF:274KB]

「2021年度 デザイン学部入学者選抜の変更について(予告)」[PDF:230.3KB]

1.入試区分の変更について

入試区分を次のとおり変更します。
学部 現行 変更後
文化政策 一般選抜(前期日程・後期日程) 一般選抜(前期日程・後期日程)
特別選抜(公募制推薦入学試験、英語重点型公募制入学試験) 学校推薦型選抜(公募制、英語重点型公募制)
デザイン 一般選抜(前期日程・後期日程) 一般選抜(前期日程・後期日程)
特別選抜(公募制推薦入学試験) 学校推薦型選抜(公募制)

2.一般選抜について

一般選抜では、現行の「大学入試センター試験」に代わる「大学入学共通テスト」を利用します。
大学入学共通テスト及び個別学力試験については、上記PDFファイルを御確認ください。
なお、記述式問題及び英語資格・検定試験の取り扱いについては、次の(1)(2)のとおりです。
(1)記述式問題の取り扱いについて
学部 内容
文化政策
デザイン
国語の記述式問題は、段階別成績表示の結果を点数化し、マークシート式問題の得点に加点します。加点の点数については『2021年度入学者選抜要項』で公表します
数学の記述式問題は、マークシート式問題とともに出題・配点されることから、従来のマークシート方式と同様の扱いとします。
(2)英語資格・検定試験の取り扱いについて
学部 内容
文化政策 英語資格・検定試験は、大学入学共通テストの外国語に文部科学省の『各資格・検定試験とCEFRとの対照表』に基づき加点します。加点の点数については『2021年度入学者選抜要項』で公表します。
デザイン 英語資格・検定試験は、文部科学省の『各資格・検定試験とCEFRとの対照表』による「A2」以上を出願資格とします。なお、英語資格・検定試験を諸事情により受験できなかった者に対する措置は今後公表します。

3.多面的・総合的評価について

学部 内容
文化政策 一般選抜では、個別学力試験の中で行う面接(口述試験)において、調査書(芸術文化学科では本学が指定した志望理由書も)を参考資料とします。
学校推薦型選抜では、面接において調査書及び本学が指定する推薦書・志望理由書を参考資料とします。
デザイン 一般選抜では、個別学力試験の中で行う実技(鉛筆描写)において、さまざまな造形に対する観察力と表現力や新たな造形への発想力等を評価します。
学校推薦型選抜では、面接において調査書及び本学が指定する推薦書・志望理由書を参考資料とします。
◎学校推薦型選抜について
学校推薦型選抜の選抜方法については、両学部とも上記PDFファイルを御確認ください。
(2018年7月に公表済み)
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)