学内向けのお知らせ

2021年11月25日

【学生向け】海外協定校への留学について

学生の海外派遣については、「学生の国際交流に係る危機管理マニュアル」に基づき、外務省が発出する危険情報および感染症危険情報のレベルが1以下の国・地域への派遣のみ認めています。
しかしながら、ワクチン接種が進んでいる状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症に関わる感染症危険情報がレベル2またはレベル3の国・地域への派遣についても、特例措置として以下の条件を満たせば令和4年度後期(一部協定校は令和4年6月)から海外協定校への派遣を認めることとしましたのでお知らせします。

派遣可能となる条件

  1. 本人に強い留学希望があり、保証人の同意があること。
  2. 平時の留学環境ではないことを認識し、渡航および留学中に何らかのトラブルが発生した場合に対応できる語学力があること。
  3. 学生が主体となり、保証人や留学担当教員の助けも借りながら、学生自身が留学環境を整えることができること。
  4. 平時の留学よりもリスクが高いことを理解して、すべての責任を学生・保証人が負うことを誓約する書類を提出すること。
  5. 渡航先の国・地域が日本からの入国を認め、渡航に必要な学生ビザを発給していること。
  6. 派遣先大学から渡航して留学することに許可が下りている(または、下りる見込みである)こと。
  7. 派遣先大学からワクチン接種などの条件を求められる場合は、その条件に従うこと。
  8. 万が一、コロナに罹患した場合に適用される保険に加入していること。
注)上記条件を満たしても派遣前に感染状況が著しく悪化した場合は派遣中止もありえる。

留学説明会

令和3年12月に海外協定校への派遣学生募集に関する説明会を実施します。

留学説明会日程一覧[PDF:459.5KB]

海外協定校への留学スケジュール[PDF:528.4KB]

【問い合わせ先】
静岡文化芸術大学 教務・学生室
国際交流担当
TEL:053-457-6121
kyogaku@suac.ac.jp

発行部署:教務・学生室