ホーム > 利用案内 > レファレンス・相互利用

レファレンス・相互利用


レファレンスサービス

図書館・情報センターでは、文献・資料や情報調査などに関する質問にお応えしています。「文献の探し方がわからない」、「調べ方がわからず困っている」、「探している資料が図書館にない」など、わからないことがあれば、カウンターでご相談ください。

コピーサービス

図書館・情報センターの所蔵資料を教育、研究又は学習のために複写する場合に限り、コピー機を利用できます。なお、利用の際には著作権を侵害しないように、下記のことを守ってください。

  • 一著作の半分以下しか複写できません。
  • 複写は、一人一部に限ります。
  • 新聞・雑誌等の定期刊行物は、次号が発行されるまで最新号の複写はできません。

利用者区分 モノクロ カラー 利用形態
役員・教員・職員 1枚10円 1枚50円 コピーカード
学生・学外利用者 現金(コイン)

相互利用サービス(Inter Library Loan / ILL)

注: 本学学生および教職員を対象としたサービスです
探している文献が図書館・情報センターで見付からないとき、そのまま諦めてしまってはいませんか?そんなときは、図書館・情報センターを通じて他の大学図書館や国立国会図書館から文献を取り寄せるサービスがあります。それが相互利用サービス(ILL)です。相互利用サービスでできることは、文献の複写依頼、図書の貸借、他大学図書館等の直接利用です。

文献の複写依頼
図書館・情報センターを通じて、他の図書館等に文献複写の依頼を行うことができます。CiNii Articles等から論文等の情報を印刷したものか、論文等の情報が掲載された資料のコピーを持参して、カウンターに備えてある「学外図書館資料利用申込書」に必要事項を記載してください。なお、複写物が届くまで1、2週間かかります。複写料金、郵送料は利用者負担です。

図書の貸借
国立国会図書館をはじめ、一部の大学図書館で資料を借用できる場合があります(ただし、借り受けた資料を館外へ持ち出すことはできません)。CiNii BooksやWebcat Plusなどから、必要な資料の書誌情報を印刷したものか、情報が掲載された資料のコピーを持参して、カウンターにある「学外図書館利用申込書」に必要事項を記入してください。図書の借用は、郵送料が利用者負担です。

他大学図書館等の直接利用
資料を取り寄せないで、直接他大学図書館を訪問して利用するには、本学図書館・情報センター長発行の紹介状と学生証が必要です。ただし、紹介状は即日発行ができないのでご注意ください。
なお、東海4県(静岡県・愛知県・岐阜県・三重県)の多くの大学は、学生証を提示すれば紹介状は必要ありません。

【紹介状が必要な場合】
主に東海地区以外にある大学図書館です。訪問先が決まったら、カウンターへご相談ください。カウンターにある「他大学図書館等利用紹介状申込書」に必要事項を記入していただき、図書館・情報センター長の承認を経て発行されます。申込から発行まで2、3日かかります。訪問する際には、紹介状と学生証をお持ちください。

【紹介状が不要な場合】
東海地区大学図書館協議会加盟館は、学生証を提示すれば紹介状は必要ありません。訪問する際には、訪問先の開館日や利用案内をホームページ等で確認してください。不明な点があれば、カウンターでご相談ください。
 
東海地区大学図書館協議会加盟館一覧

購入希望図書

注: 本学学生を対象としたサービスです
本学の学生が学習・研究に必要な図書資料で、館内に所蔵がなく、図書館・情報センターに配架してほしいものがあれば、カウンターにある「購入希望図書申込書」に必要事項を記入し、提出してください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。右のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
ページの先頭へ戻る