ホーム > 利用案内 > 貸出と返却

貸出と返却


貸出方法

図書自動貸出返却装置(ABC)を利用して、利用者自身で貸出手続を行うことができます。また、カウンターでも手続を行います。
注: ABCで処理できるのは、一般図書のみです。フロッピーディスク付属の図書やビデオテープなどの視聴覚資料をABCに入れるとデータが壊れるおそれがあります。それらを借りる場合は、必ずカウンターで手続をしてください。

貸出冊数と期間

区分 貸出冊数 貸出期間
教員 50冊以内 15週間以内
大学院生・学部学生の4年生 20冊以内 4週間以内
役員・職員・学部学生の1年生から3年生 10冊以内 2週間以内
学外者 5冊以内 2週間以内

貸出期間の延長

予約が入っていない資料は、1冊につき1回だけ貸出期間の更新ができます。返却期限日までに資料を持参して、ABCまたはカウンターで手続を行ってください。

貸出禁止資料

下記の資料については、原則として貸出できません。
  1. 貴重書
  2. 参考図書(事典、辞書、年鑑、地図等)
  3. 逐次刊行物(雑誌、紀要、新聞等)
  4. 視聴覚資料(ビデオ、CD、LD、DVD等)
  5. その他センター長が特に指定したもの
注: 学外利用者には、下記の資料についても貸出できません。
  • 講義用図書(背の部分に緑色のシールが貼られた図書)
  • 研究用図書(所在が「研究室」の図書)

一夜貸出(本学の学生・教職員のみ)

参考図書及び最新号の雑誌を除く逐次刊行物(雑誌、紀要、縮刷版の新聞)については、次に掲げる条件で貸出ができます。受付カウンターで貸出手続をしてください。(ABCでは、貸出できません。)
 

資料名 貸出冊数 貸出期間
最新号を除く雑誌 3冊以内 午後4時30分から翌開館日の午前9時30分まで
その他の資料 制限なし (金曜日貸出の場合は、翌月曜日の午前9時30分まで)

研究用長期貸出

教員が教育又は研究のために資料を研究室等に常備する必要がある場合には、研究費で購入した資料に限り、1年間の長期貸出を行うことができます。

貸出予約(本学の学生・教職員のみ)

利用したい図書がすでに貸出中の場合には、予約することができます。予約したい場合は、図書館・情報センターWebサイトの「マイライブラリ」を使用して、各自で申請してください。
予約資料が返却された場合には、メールで通知しますので、1週間以内に貸出手続をしてください。

返却方法

ABCまたはカウンターで返却手続をしてください。返却手続が済んだ図書は、各自で返却台へ戻してください。ただし、学外利用者の方は、必ずカウンターで返却手続をしてください。
閉館後または休館日に図書を返却する場合は、北1棟北入口側に設置してあるブックポストをご利用ください。
資料の返却が遅れた場合は、資料が返却されるまで新たな資料の貸出および延長はできません。
ページの先頭へ戻る