ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 「メディア デザイン ウィーク 2018」を開催します(2月5日から2月11日)入場無料

終了イベント


「メディア デザイン ウィーク 2018」を開催します(2月5日から2月11日)入場無料

公開日:2018年1月22日
メディアデザインウィークのチラシ
静岡文化芸術大学にて「メディアデザインウィーク2018」を開催します。

メディアデザインに関係する学生作品の展示、関連分野の専門家による講演、ワークショップで構成されるイベントで、今年で6年目の開催となります。一般の方も参加可能ですべて無料となっています。 皆様のご来場をお待ちしております。

注)各講演の時間や場所は、当日までに変更される可能性があります。本学の公式WEBや構内の掲示にご注意下さい。

メディアデザインウィークのチラシ[PDF:16.1MB]

学生作品の展示・上映
 作品展示では本学デザイン学部3年生作品を中心に展示・上映を行います。
3年生はデザイン能力を完成させる途上の時期にありますが、成長中の彼らの作品をご覧いただき、彼らが残りの学業の期間を有効に過ごすためにも、ぜひ皆さんからご意見やアドバイスをいただきたいと思います。
  • 【日時】2018年2月5日(月曜日)から2月9日(金曜日) 午後0時から午後6時30分
  • 【会場】静岡文化芸術大学  西ギャラリー(図書館入口側1階)
  • 【申込】不要
  • 【料金】無料
注1)2月10日(土曜日)と2月11日(日曜日)には作品展示は行われません。
注2)学生作品展示を行う西ギャラリーの前のスペースを利用して、2月6日(火曜日)午後6時10分より、芸術文化学科「劇場プロデュース論」履修学生(永井聡子准教授クラス)の企画・制作・主催による「世界のバレンタインカフェタイム・チョコとコーヒーの提供」のイベントが開催されますので、併せてご参加ください。なお本イベントにつきましては、参加費として、おみやげのチョコレートの代金150円、あるいはコーヒーとチョコレートのセット代金200円が必要となります。コーヒー単品の販売も予定していますのでご希望される方は当日、イベントスタッフにご相談ください。(事前申込不要)

世界のバレンタインカフェタイム[PDF:136.2KB]

講演会
 メディアデザインウィーク2018では、様々な分野の専門家による講演会を開催します。専門家の方々のお話には、デザインの状況を認識し、将来のデザインについて考える上で、参考になるたくさんの話題が含まれています。これらの講演にぜひ、ご参加いただきたいと思います。
  • 【日時】下記をご参照ください
  • 【会場】下記をご参照ください
  • 【申込】不要
  • 【料金】無料

講演1「アートディレクターの仕事」  
 【講師】アートディレクター(株式会社ドラフト) 川上 恵莉子 氏

  • 【日時】2月5日(月曜日) 午後6時30分から午後8時30分 (午後6時開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南176講義室
 静岡県菊川の丸松製茶場「 san grams 」のブランディングや、京都のがまぐち専門店「ぽっちり」のグラフィック等を手がけ、2016年にJAGDA新人賞を受賞された、株式会社ドラフトのアートディレクター/グラフィックデザイナーの川上恵莉子氏をお招きし、現在のお仕事の内容を中心に、学生時代の作品作り、就職活動の話題等を含めてお話していただきます。
川上恵莉子HP http://www.erikokawakami.com/

講演2「電子楽器の100年~テルミン、エレキギター、シンセサイザー・・・・・そして~」  
 【講師】電子楽器設計者 (株式会社KORG 監査役) 三枝 文夫 氏

  • 【日時】2月6日(火曜日) 午後6時30分から午後8時30分 (午後6時開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南281講義室
 国際的な電子楽器メーカーKORGの創業当時から中心的な設計者/開発者として活躍されてきた、三枝文夫氏をお招きして、20世紀初頭から始まる電子楽器の歴史、ご自身が開発された伝説的な名機の数々について、電子楽器とアコースティック楽器の本質的な違いと「楽器の形」について、そして未来の電子楽器の姿等についてお話していただきます。

講演3 公開講座「実感力と、決断力と、実行。」 
【講師】グラフィックデザイナー  松永 真 氏

  • 【日時】2月7日(水曜日) 午後6時30分から午後8時30分 (午後6時開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南176講義室
 資生堂のサマー・キャンペーン、一連の平和ポスターから、ベネッセ、ISSEY MIYAKE、国立西洋美術館などのCI計画。そして、スコッティ、カンチューハイ、国際コンペ優勝の仏たばこジタン、資生堂ウーノのパッケージデザイン等々、数々の著名なデザインを手掛けられた松永真氏をお招きして、氏の広範囲なクリエイティブ活動についてお話していただきます。
(本講演は公開講座「イブニングレクチャー」との共催になります)
公開講座HP http://www.suac.ac.jp/news/event/2017/01496/

講演4「欧文デザインの仕事 ~欧文ロゴタイプ、欧文書体、カリグラフィー~」  
【講師】タイプフェイスデザイナー  立野 竜一 氏

  • 【日時】2月8日(木曜日) 午後6時30分から午後8時30分 (午後6時開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 北333講義室
 欧文ロゴタイプ、欧文書体デザイン、カリグラフィーと多彩に活躍する立野竜一氏をお招きして、新書体制作のプロセスやサントリーの商品ロゴデザインなど、欧文デザインの仕事についてお話していただきます。また、実際の文字制作のプロセスを撮影した動画の上映も行います。

講演5「AAA ~アートとアニメとアニメーション~」  
【講師】アーティスト(平面及びアニメーション) 水野 健一郎 氏

  • 【日時】2月9日(金曜日) 午後6時30分から午後8時30分 (午後6時開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南281講義室
 アニメーション、グラフィック、ドローイング、ペインティングなど、多様な手法で創作活動をくり広げる鬼才、水野氏を招き、「ヤバい絵」をキーワードに、これまでの軌跡、作品、周囲の作家たちについてお話していただきます。水野氏は、サカナクションやFABRICKとのコラボレーション等で、分野を越えて各界から注目される作家の一人です。

講演6「ビデオゲームの黎明期とスペースインベーダー」  
【講師】ゲームデザイナー(株式会社タイトー アドバイザー) 西角 友宏 氏

  • 【日時】2月10日(土曜日) 午後2時から午後4時(午後1時30分開場)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南281講義室
  株式会社タイトーにて、70年代からビデオゲームに携わってきた西角友宏氏をお招きして、ビデオゲームの黎明期について、西角氏の代表作(ルール作り、キャラクターデザイン、ハードウェア開発、プログラミング等々の作業を一人で!)であり社会現象にもなった「スペースインベーダー」について、そしてビデオゲーム作りのコツ等についてお話していただきます。
 
「スケッチング」ワークショップ  
  • 【講師】長谷部 雅彦 (「奇楽堂」主宰 新インターフェース「touchMIDI32」開発者)
        照岡 正樹 (「VPP」同人 筋電センサ「VPP-SUAC」共同開発者)
        長嶋 洋一 (本学デザイン学科 教授)  http://nagasm.org
     
  • 【日時】2月10日(土曜日)午後1時から午後6時30分
        2月11日(日曜日)午前10時30分から午後4時30分
  • 【会場】静岡文化芸術大学 マルチメディア室
 デザイン/メディアの領域で注目されている「スケッチング」(物理コンピューティング)をテーマとしたワークショップを開催します。初日前半のレクチャーの部で「スケッチング」に関する最新の話題として、3人の講師がそれぞれのテーマから紹介(一部デモ)します。そして初日の後半から2日目の午前・午後まで、参加者がグルーブに分かれて2日間で「実際に何か制作してみる」というデザイン体験を行います。ビギナー(学生中心)向けに役立つ内容を予定しています。

 本ワークショップの参加には、事前登録が必要です。
 参加希望者は、必ずWEB(次のアドレス)から登録を行ってください。
 http://nagasm.org/1106/MDW2018/cfw.html
 

【お問い合わせ】

  • イベント全体について
  • 静岡文化芸術大学
  • デザイン学部デザイン学科教授 的場 ひろし Tel:053-457-6217、E-mail:matoba@suac.ac.jp
  • 地域連携室 Tel:053-457-6105
 
  • 「スケッチング」ワークショップについて
  • 静岡文化芸術大学
  • デザイン学部デザイン学科教授 長嶋 洋一 Tel:053-457-6215、E-mail:nagasm@suac.ac.jp
  • 【主催】静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター
  • 【後援】浜松市、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、FM Haro!

【交通アクセス】

本学には駐車場がございません。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]