ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 後期公開講座「イブニングレクチャー」を開催します(2月7日開催)

終了イベント


後期公開講座「イブニングレクチャー」を開催します(2月7日開催)

公開日:2018年1月16日
 静岡文化芸術大学では、グラフィックデザイナーとして様々な分野でご活躍中の松永 真(まつなが しん)氏を講師にお迎えして、後期公開講座「イブニングレクチャー」を開催します。
 どなたでも自由にご参加いただけます。皆様のご来場をお待ちしています。

公開講座のチラシ[PDF:1014KB]

イブニングレクチャー チラシ
  • 【日時】2018年2月7日(水曜日) 午後6時(開場)  午後6時30分(開演)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 南棟1階 176大講義室
  • 【入場】無料
  • 【申込】不要
  • 【定員】200名(当日先着順)
  • 【講師】松永 真 氏(グラフッィクデザイナー)
  • 【講演内容】「実感力と、決断と、実行。」

注)本講演会は、録音、録画、写真撮影を禁止しています。ご了承をお願いします。
注)本講演会は、静岡文化芸術大学内で2月5日(月曜日)から2月11日(日曜日)までの期間に実施する、メディアデザインウィーク の共催イベントとして行われます。http://www.suac.ac.jp/news/event/2017/01494/
PLOFILE
松永 真 (まつなが しん) 氏 
1940年東京生まれ。1964年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。資生堂宣伝部を経て、1971年松永真デザイン事務所設立。主な仕事に、資生堂のサマー・キャンペーン、一連の平和ポスターから、ベネッセ、ISSEY MIYAKE、国立西洋美術館などのCI計画。スコッティ、カンチューハイ、国際コンペ優勝の仏たばこジタン、資生堂ウーノのパッケージデザインなどがある。そのほかドローイングや彫刻、モニュメントまで広範囲なクリエイティブ活動を行う。ワルシャワ、ニューヨークなど国内外の大規模な個展も多く、ニューヨーク近代美術館、ヴィクトリア・アルバート美術館他、世界各国88カ所の美術館などに多くの作品が永久保存。毎日デザイン賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞・名誉賞、芸術選奨文部大臣新人賞、日本宣伝賞・山名賞、紫綬褒章、亀倉雄策賞、原弘賞、東京ADC会員賞など受賞多数。「松永真のデザイン」(講談社)、「グラフィック・コスモス─松永真デザインの世界」(集英社)、「ggg Books 別冊─9 松永真」(DNP文化振興財団)など著書多数。

 
お問い合わせ
静岡文化芸術大学 地域連携室
Tel:053-457-6105、 Fax:053-457-6123、E-mail :chiiki@suac.ac.jp 
 
交通アクセス
本学には駐車場がございません。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]