ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 第5回 SUAC×SPAC連携事業公演 パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」を開催します(10月18日開催)

終了イベント


第5回 SUAC×SPAC連携事業公演 パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」を開催します(10月18日開催)

公開日:2018年10月9日
パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」チラシ
静岡文化芸術大学はSPAC(静岡県舞台芸術センター)との連携事業として、パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」を開催します。
本事業は、静岡県舞台芸術センターの芸術総監督である宮城聰氏と本学教授で能楽師の梅若猶彦氏が2013年から開催しています。
これまでに宮城監督演出の近代能楽集「綾の鼓」(作:三島由紀夫)や、梅若猶彦演出による現代劇「イタリアンレストラン」(作:梅若猶彦)、SPAC俳優の三島景太氏、片岡佐知子氏、関根淳子氏をお迎えした現代劇「喫茶店」(作:梅若猶彦)を開催してきました。
今年はアイダ レッザ氏の構成・演出により、エリック エヌ カウア氏のピアノ演奏、SPAC俳優の大内米治氏、舘野百代氏らの出演で、パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」を開催いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。

パフォーマンスとシンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」チラシ[PDF:2.6MB]

  • 【日程】10月18日(木曜日)
  • 【会場】静岡文化芸術大学 講堂
  • 【料金】入場無料(事前申込不要)
  • 【時間】開場:午後6時 開演:午後6時30分 終演:午後8時30分頃
  • パフォーマンス 午後6時30分から午後7時30分
  • シンポジウム 午後7時45分から午後8時30分
  • パフォーマンス 「Entranced Ⅱ」
  • 構成・演出:アイダ レッザ
  • ピアノ演奏:エリック エヌ カウア
  • 出演:
アイダ レッザ(演出家/コレオグラファー、ダンサー)
エリック エヌ カウア(フランス/ピアニスト)
舘野百代(俳優)
大内米治(俳優)
高田和文(イタリア演劇研究者)
立入正之(西洋絵画研究者)
A.S.ハーデイ シャフィイ(マレーシア)
ギャレス リチャーズ(英国、ペナン在住)
モニカ アルカンター(メキシコ、イタリア在住)
梅若猶彦(観世流能楽師)
 
  • 企画・発案:梅若猶彦
  • 制作:高林利衣(SPAC)
  • 音響・照明デザイン:p@tch code 音響照明技術研究会サークル
  • 【主催】静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター
  • 【共催】SPAC-静岡県舞台芸術センター
  • 【後援】国際交流基金(クアラルンプール)
  • 【協力】サン マレーシア大学 Hikayat,Gerakbudaya Bookshop,Ombak-Ombak ARTStudio
【お問い合わせ】
  • 静岡文化芸術大学 
  • 〒430-8533 静岡県浜松市中区中央2-1-1
  • Tel. 053-457-6105(地域連携室)
  • Fax.053-457-6123
  • E-mail: chiiki@suac.ac.jp
【交通アクセス】
本学には駐車場がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]