ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 文化政策学部芸術文化学科 卒業論文発表会を開催します(2月20日開催)

終了イベント


文化政策学部芸術文化学科 卒業論文発表会を開催します(2月20日開催)

公開日:2019年2月13日

芸術文化学科の各ゼミの優秀論文の発表を行います。

どなたでもご参加いただけます。事前申し込みは不要です。
遅刻・途中退出自由。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

芸術文化学科卒論発表会のチラシはこちら[PDF:359.5KB]

  • 日時

2019年2月20日(水曜日) 午後1時より夕方まで
  • 場所

静岡文化芸術大学 南棟2階 280中講義室
  • 申込み

不要。直接会場にお越しください。
プログラム
  • 午後1時5分から午後1時25分
    村松 佑美

    キュレーションサイトの意義と課題 ー株式会社DeNAの問題を事例にー

  • 午後1時25分から午後1時45分
    工藤 みゆか

    五島列島の住民と世界遺産登録活動の関係性

  • 午後1時45分から午後2時5分
    縣 美勇士

    エレキギター ビンテージの価値創造とその要因

  • 午後2時5分から午後2時25分
    大畑 和也

    芸術文化による橋渡し型ソーシャル・キャピタルの形成 ―過疎地域における諸課題の創造的解決に向けて―

  • 午後2時25分から午後2時45分
    沖山 真由美

    日本におけるウィリアム・ブレイクの受容 ―『白樺』を中心に―
15分休憩
  • 午後3時から午後3時20分
    佐野 安奈

    行政による結婚支援の現状と課題 -文化的施設の活用を中心に-

  • 午後3時20分から午後3時40分
    霜 琴音

    近世茶道における唐物評価の様相

  • 午後3時40分から午後4時
    戸田 瑞希

    阿波踊りにおける音楽の変容とその社会背景

  • 午後4時から午後4時20分
    中村 駿太
    ルチオ・フルチ『サンゲリア』における「モダン」 ―眼の表現を中心に―

    (注)本発表に関しては、刺激の強い画像も含まれますのでご注意下さい。

  • 午後4時20分から午後4時40分
    齋藤 千子

    演劇ワークショップの有効性と今後の課題 ー平田オリザの演劇教育論を中心にー
お問い合わせ

静岡文化芸術大学 事務局教務・学生室
Tel. 053-457-6114

交通アクセス

本学には駐車場がございません。お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:企画室]