ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 文化政策学科(舩戸ゼミ)卒業生・石倉達也さんによる講演会が開催されます。(7月3日開催)

終了イベント


文化政策学科(舩戸ゼミ)卒業生・石倉達也さんによる講演会が開催されます。(7月3日開催)

公開日:2019年6月24日
静岡文化芸術大学文化政策学部文化政策学科・舩戸修一研究室では、2015年度に本学を卒業し、現在島根県庁職員として県立高等学校に勤める石倉達也さんを迎え、講演会を開催します。
県庁職員としての活躍にとどまらず、「関係人口」をテーマにさまざまな活動に取り組む石倉さんのお話をどうぞお楽しみに。どなたでもご参加いただけます。

「文化政策学科(舩戸ゼミ)卒業生・石倉達也さんによる講演会」のチラシ[PDF:1.9MB]

石倉達也さん講演会のチラシ画像
島根県の「スーパー公務員」が中山間地域づくりを語る!
文化政策学科 舩戸ゼミ 卒業生による講演会

【日時】2019年7月3日(水曜日)
    開場 午後4時
    講演 午後4時20分から午後5時50分

【会場】静岡文化芸術大学 南棟 281中講義室

【参加費】無料(申込不要)

【定員】156名(どなたでも参加できます) 

【講師】石倉 達也(2015年度文化政策学科卒業生、島根県庁職員)

【内容】講演「地域づくりの担い手としての地方公務員のあり方」

【問い合わせ】舩戸修一研究室 E-mail. s-funa@suac.ac.jp

石倉達也さんの紹介

島根県職員。現在、島根県立隠岐島前高等学校事務室に主任主事として勤務。
1993年12月、島根県松江市生まれ。2012年4月、静岡文化芸術大学 文化政策学部文化政策学科入学。在学中から、中山間地域に興味を持ち、舩戸ゼミに所属。ゼミでは、浜松市の中山間地域を調査研究し、中山間地域ボランティアサークル「LA-VoC」も創設。この経験を活かし、2016年4月、島根県入庁。地方公務員として就職して以来、県庁での仕事だけでなく、仕事の後や休日を使って中山間地域を中心とした地域づくりに関わる。主な活動地域は、島根県雲南市と邑南市。仕事以外でも自分のやりたいことができる「島根の暮らし方」を創造しつつ、中山間地域がもっと面白くなるための活動を地域住民と一緒に実践中。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:企画室]