ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 東郷和彦氏による特別講演が開催されます。(11月12日開催)

終了イベント


東郷和彦氏による特別講演が開催されます。(11月12日開催)

公開日:2019年10月29日

本学文化政策学部国際文化学科・武田好研究室では、京都産業大学教授・世界問題研究所長で国際政治学がご専門の東郷和彦氏を迎え、講演会を開催します。東郷氏は2011年より静岡県対外関係補佐官を務められています。

本講演はどなたでもご参加いただけます。お気軽に会場までお越しください。

東郷和彦氏・特別講演チラシ[PDF:6.3MB]

特別講演のチラシ

【日時】2019年11月12日(火曜日) 午前10時40分から午後0時10分

【会場】静岡文化芸術大学 南棟278大講義室

【入場料】無料(事前申込不要)

【講演者】東郷 和彦氏(京都産業大学教授、世界問題研究所長)

【お問合せ】
静岡文化芸術大学 文化政策学部 国際文化学科
武田 好研究室 E-mail. y-take@suac.ac.jp

【交通アクセス】
駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください)

交通アクセス

講演テーマ

激動の21世紀:世界情勢と日本の課題

世界をとりまく国際情勢は、かつてない激動の時を迎えている。冷戦終了から30年、米国の一人勝ち状況から世界は今、米国と中国の未曾有の激突の時代を迎えている。時あたかも日本では、平成の30年が令和に移行。日本外交は安倍長期政権の下で7年間、激突する中国と米国に対し、どのような成果を上げ、その限界はどこにあるのか? 更に残る課題としてロシアと北朝鮮が挙げられ、最近では韓国との激震が伝えられる。2019年秋、日本外交の過去・現在・未来について一緒に考えてゆきたい。

講演者紹介

東郷和彦氏プロフィール写真

東郷 和彦

京都産業大学教授・世界問題研究所長。
1968年東京大学教養学科卒業、外務省入省。条約局長、欧亜局長、オランダ大使などを経て、2002年退官。以後、プリンストン大学、ソウル国立大学等で研究・教鞭をとる。2009年ライデン大学で博士号。2010年より現職。2011年より静岡県対外関係補佐官。近著に、『北方領土交渉秘録』(新潮社、2011)、『戦後日本が失ったもの』(角川書店、2010)、『危機の外交』(角川書店、2015)、『返還交渉』(PHP研究所、2017)ほか。

東郷和彦氏ホームページ
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:教務・学生室]