ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 特別研究報告シンポジウム「防災・減災レジリエンスの高い地域社会の実現に向けて」を開催します。(2月20日開催)

終了イベント


特別研究報告シンポジウム「防災・減災レジリエンスの高い地域社会の実現に向けて」を開催します。(2月20日開催)

公開日:2020年2月3日

静岡文化芸術大学では、教員の積極的な研究活動を支援することを目的に、特別研究費制度を設け教員の研究活動を支援しています。

この度、2年間の研究成果の集大成として、本学教員研究メンバーらによるシンポジウムが開催されます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

特別研究報告シンポジウム「防災・減災レジリエンスの⾼い地域社会の実現に向けて」チラシ[PDF:314.1KB]

特別研究報告シンポジウム「防災・減災レジリエンスの⾼い地域社会の実現に向けて」チラシ

特別研究報告シンポジウム
「防災・減災レジリエンスの⾼い地域社会の実現に向けて」

⼤学、市⺠・住⺠、企業、⾏政などあらゆる主体が災害に強い地域コミュニティづくりのために、それぞれがどのような備えをし、いざという時の役割を果たすべきか。より良い連携関係を つくっていくための⽅策は。このような観点で学際的な研究班メンバーが取り組んできた2年間の研究成果を報告します。また、今後の場づくりとして、⽇頃防災・減災に取り組む企業と団体からの代表者と本学学⽣を交えてディスカションします。

防災・減災に取り組んでいる方も、取り組んでいない方も、市⺠の⽅々、企業、 団体の⽅々、⾏政の方々にもご参加いただき、「連携の波」を起こす場にしたいと思います。

【日時】2020年2月20日(木曜日)午後5時から午後7時まで

【会場】静岡文化芸術大学 南棟176大講義室

【入場料】無料(要申込)

【内容】
第1部 研究班メンバー及び企業、団体、学⽣からの活動報告
第2部 パネルディスカション
   「防災・減災レジリエンスの⾼い地域社会の実現に向けて」

【登壇者】
研究班メンバー:⼭本紗知(東京経済⼤学現法学部准教授・前本学文化政策学部講師)
        ⽥中 啓 (本学⽂化政策学科教授)
        河村洋⼦(本学⽂化政策学科准教授)
        舩⼾修⼀(本学⽂化政策学科准教授)
        曽根秀⼀(本学⽂化政策学科准教授)

外部講師:⽯川彰吾⽒(株式会社ソミック⽯川 経営企画部部⻑)
     鈴⽊まり⼦⽒(浜松の企業が⼿をつなぐ災害⽀援ネットワーク「はままつ na net」 代表世話⼈・事務局⻑、
            鈴⽊まり⼦ファシリテーター事務所代表)
     落合秀真⽒(本学⽂化政策学科4年、防災・減災サークル「さいのこ」元代表)

【お申込み方法】
本シンポジウムへの参加は、下記リンクよりお申込みください。
申込期限:2020年2月18日(火曜日)
(当日参加も可能ですが、資料の準備のため、事前のお申し込みをお願いいたします)

 特別研究報告シンポジウム「防災・減災レジリエンスの高い地域社会の実現に向けて」参加申込フォーム

【交通アクセス】
本学には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください)

交通アクセス

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 河村洋子研究室
E-mail. y-kawam@suac.ac.jp
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:企画室]