ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 「2019年度デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展」を開催します。(2月15日から20日開催)

終了イベント


「2019年度デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展」を開催します。(2月15日から20日開催)

公開日:2020年2月6日
静岡文化芸術大学では、「2019年度デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展」を開催いたします。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
「静岡文化芸術大学デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展 2020」チラシ

【日程】2020年2月15日(土曜日)から2月20日(木曜日)

【時間】午前10時から午後7時まで
    注:最終日は午後3時まで開場。

【会場】静岡文化芸術大学
    (講堂、自由創造工房、総合演習室、撮影スタジオ、空間演出実験室、
     組立アトリエ、文化・芸術研究センター、ギャラリー他)

【入場料】無料

【主催】静岡文化芸術大学
    SUAC卒展運営委員会

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 教務・学生室
Tel. 053-457-6121

【交通アクセス】
本学には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください)

交通アクセス
開催概要(「静岡文化芸術大学デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展」ホームページより)

「出会う・感じる・創造する」の言葉をもとに、私たちはこの静岡文化芸術大学でデザインを通して自分自身を成長させてきました。その成果である卒業研究および卒業制作を見ていただく場として、「静岡文化芸術大学デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展 2020」を開催いたします。

本展の目的は、私たちが学生生活を通して得た経験から「社会に対して何をデザインするか」を作品という形でお見せすること、そしてこれまで支えていただいた様々な方々にお越しいただき、感謝と成長をお伝えすることです。本展を通じて学生が周囲に良い刺激を与え、また本学の魅力をより多くの人に知ってもらうことを目指します。

テーマ

「ルビをふる」

「ルビをふる」とは、漢字やアルファベットに対し、誰もが読めるようにふりがなを振ることを意味します。社会に対しモノ・コトをデザインすることは、読み手のためにルビを振る作業と共通するところがあると考えます。また、一つの単語でもルビの振り方次第でそのふりがなが変わり、意味も変わるように、一つのモノをデザインする行為の中にもまた、デザイナーによって異なる解釈が生まれます。
卒業生となる私たちにもそれぞれの大学生活があり、卒業制作展に込める思いもまた様々です。私たちは今、同じ「卒業制作展」に目を向けていますが、そこには人それぞれのデザインや可能性があるという思いを込め、「ルビをふる」をテーマとしました。

図録販売

  • 一般価格 2500円(税込)

展示会期中、会場内で販売します。

  • 在学生限定予約価格 2000円(税込)
事前予約し、会場にてお支払いいただきます。
予約期間・場所:2020年1月31日(金曜日)から2月7日(金曜日)まで
        昼休み及び午後5時50分から午後6時50分
        本学北棟2階 購買前または下記卒展ホームページより
[発行部署:教務・学生室]