ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 2019年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会を開催します。(2月19日開催)

終了イベント


2019年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会を開催します。(2月19日開催)

公開日:2020年2月14日

静岡文化芸術大学では、文化政策学部芸術文化学科の各研究室に所属する4年生による優秀論文の発表会を行います。

事前申し込みは不要です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

「2019年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会」チラシ[PDF:86KB]

文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会チラシ画像

【日時】2020年2月19日(水) 午後1時から午後5時50分

【会場】静岡文化芸術大学 南棟280中講義室

【入場料】無料(申込不要)

注:入退室自由。どなたでもご参加いただけます。

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 教務・学生室
Tel. 053-457-6121

【交通アクセス】
本学には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください)

交通アクセス

プログラム

時間 発表者 テーマ
午後1時5分から午後1時25分 門間朱梨 日本における「吸血鬼」イメージの形成
午後1時25分から午後1時45分 森下千裕 バリ舞踊の衣装と化粧―その文化的側面と機能的側面
午後1時45分から午後2時5分 田原奏慧
原作小説と舞台化の関係性に関する考察
―三島由紀夫『豊穣の海』第一巻「春の雪」のラストシーンについて
午後2時5分から午後2時45分 日下怜子
公立劇場、音楽堂等の「経営者」の役割
―公共的使命の達成を担う「機関」を目指して―
午後2時25分から午後2時45分 渡部碧唯 ユニバーサル・ミュージアムの現状と今後の可能性
午後2時45分から午後3時5分 松場晴歌 J-POPを活かした地域の文化資源づくり
10分休憩
時間 発表者 テーマ
午後3時15分から午後3時35分 渡邊 葵 ヒエロニムス・ボス《快楽の園》 梟を巡る一考察
午後3時35分から午後3時55分 米倉 希 新進芸術家のためのキャリア形成のあり方
~国内の美術活動活性化に向けて~
午後3時55分から午後4時15分 八尋 悠
明治後期より昭和初期における中等教育の音楽教科書に見られる音楽教育観
―山田源一郎・北村季晴・田村虎蔵を中心に―
午後4時15分から午後4時35分 長谷川千遥
美術館と就学前施設の連携事業の可能性
―とくしま徳島県立近代美術館「アートの日」を例に―
午後4時35分から午後4時55分 小林 恵 「隆房卿艶詞絵巻」における絵画化の特色とその制作背景
午後4時55分から午後5時15分 杉本貢美 近代ヨーロッパにおけるピアノ製造と社会の相関
午後5時15分から午後5時35分 宮坂優里 伝統工芸館の活用可能性 ―産業・観光・地域コミュニティ―
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:教務・学生室]