ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 「SUAC薪能プロジェクト ~20年の軌跡~」展を開催します。(10月28日から11月9日まで)

終了イベント


「SUAC薪能プロジェクト ~20年の軌跡~」展を開催します。(10月28日から11月9日まで)

公開日:2020年10月28日
展示の様子
「SUAC薪能プロジェクト」は、学生がプロの能楽師・技術スタッフと共に一つの能舞台を作り上げる活動です。2000年の開学の翌年より、毎年、地域の皆さまにご鑑賞いただける能公演を開催してきました。20年目となる今年も年明けから準備を進めておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、今年の公演は見送り、来年に延期することといたしました。

しかしながら、SUAC薪能プロジェクトは、コロナ禍における新たな取り組みとして、過去の公演の軌跡を、歴代の公演ポスターと謡(うたい)で空間に表現する展示企画を開催することとしました。
「SUAC薪能プロジェクト ~20年の軌跡~」展
【開催日時】2020年10月28日(水曜日)から11月9日(月曜日)午前8時30分から午後6時まで
     (但し、土曜日、日曜日および祝日を除く)
【展示場所】静岡文化芸術大学 中央ホール

この企画は、キャンパス内でも通気性の良い「中央ホール」という大空間を使い、3密に配慮した様々な工夫が施されています。例えば、その一つが、展示物に近づかなくとも謡(うたい)を視覚的に楽しめる文字の演出です。展示された過去の公演ポスターの傍らには、床や柱などに印象的な謡(うたい)のテキストが躍り、吹き抜けになった2階の回廊からもその展示を楽しむことができます。展示物も最小限に留めることで、来場者がその空間に留まる時間が極力短くなるような工夫も施しました。

展示空間を見てさらに能に興味を抱いた人には、プロジェクトチームが運営するTwitterで詳しい情報が入手できるよう、展示と連動した企画も同時に進行しています。今回の展示企画は主に本学の学生を対象に開催するものですが、今後、20年の軌跡をまとめたプロモーション映像や、過去の能公演の映像に能楽師で本学芸術文化学科教授の梅若猶彦による解説副音声を加えた動画も公開予定ですので、一般の皆様にもお楽しみいただけます。
【お問い合わせ】
 静岡文化芸術大学 地域連携室
 Tel:053-457-6105 E-mail:chiiki@suac.ac.jp
 
[発行部署:地域連携室]