ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 学生有志によるホスピタルアートの展覧会「星のランプの展覧会」が開催されています。(1月9日から24日まで開催)

終了イベント


学生有志によるホスピタルアートの展覧会「星のランプの展覧会」が開催されています。(1月9日から24日まで開催)

公開日:2021年1月13日
本学の学生および教員で活動する団体「ホスピタルアートプロジェクトしずおか(以下、HAPS)」が、浜松科学館にてホスピタルアート作品を展示する「星のランプの展覧会」を開催しています。
HAPSは、2014年に静岡文化芸術大学の学生と教員により立ち上がった活動で、「ホスピタルアート」と呼ばれる病院内での芸術・文化活動を実践しています。

「星のランプの展覧会」チラシ[PDF:955.4KB]

「星のランプの展覧会」チラシ画像

「星のランプの展覧会」

【会期】2021年1月9日(土曜日)から1月24日(土曜日)

【時間】午前9時30分から午後5時

【会場】浜松科学館 1階 特設会場

【入場料】無料(注:浜松科学館の展示は有料です)

【ギャラリートーク】
展示を見ながら、ワークショップの様子を交え作品についてお話しします。申込不要・無料。各回10分程度。
2021年1月9日(土曜日)午前11時、午後3時
2021年1月15日(金曜日)午後0時30分、午後4時 

【主催】ホスピタルアートプロジェクトしずおか

【共催】浜松科学館

【協賛(50音順)】
キャタレント・ジャパン株式会社
ジーニアルライト株式会社
丸啓細巾有限会社

【協力】
静岡県立こども病院
絵本の店キルヤ

【交通アクセス】
浜松科学館Webサイトでご確認ください。
浜松科学館Webサイト

展覧会のご案内(チラシより抜粋)

今回、浜松科学館では、2019年12月に静岡県立こども病院で実践したものと同じ展覧会を開催します。2020年3月に予定していたものが延期され、ようやく実現できます。

展示作品は2019年1月に開催した「星のランプをつくろう」ワークショップで同病院の子どもたちが制作したものです。星のパネルに着想を得て、自分の住みたい星を想像しながら折り紙やビーズ、マスキングテープなどを使って表現しました。できあがった星のランプには、子どもたちのたくさんのアイデアや思いが詰まっており、ユニークな作品ばかりです。
今回の展覧会では、病院内で開催したものとは少し展示方法を変え、作品を星のパネルの中に設置し、窓からのぞいて楽しんでいただくことができます。

展示期間中はご来場くださる皆さまとのお話を通し、新しい発見があればと願っています。展覧会を通して「病院での生活」や「ホスピタルアート」について知ってもらい、ご意見をいただけら幸いです。
「自分ならどんな星をつくろうかな」と想像しながら、展覧会を楽しんでください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:企画室]