ホーム > 新着情報一覧 > 終了イベント > 2020年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会を開催します。(2月17日オンライン開催)

終了イベント


2020年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会を開催します。(2月17日オンライン開催)

公開日:2021年2月9日
静岡文化芸術大学では、文化政策学部芸術文化学科の各研究室に所属する4年生による優秀論文の発表会を行います。
今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者のみを対象としたオンライン配信です。一般の皆様にはご参加いただけませんので、ご了承ください。

「2020年度文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会」チラシ[PDF:123.7KB]

文化政策学部芸術文化学科・卒業論文発表会チラシ画像

【日時】2021年2月17日(水) 午後1時から午後5時30分

【参加方法】ウェブ会議システム 「Zoom」を使用したオンライン配信

注1:ミーティングルームへの入退室は自由です。
注2:今年度は関係者のみを対象とした開催です。一般には非公開となりますので ご了承ください。

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 教務・学生室
Tel. 053-457-6121

プログラム

芸術受容
時間 発表者 テーマ
午後1時5分から午後1時25分 大井昌宏 バーチャル・ミュージアムと変わりゆく芸術鑑賞
午後1時25分から午後1時45分 藤巻嘉月 ライブビューイング技術を応用した視聴覚メディアの展望
ー継続的な芸術享受(教育)機会へのアクセス手段としてー
午後1時45分から午後2時5分 高橋若弥
ミュージカル版『レ・ミゼラブル』の受容
~「個人」と「群衆」の内面の描き方の視点から~
5分休憩
ヨーロッパの文化と芸術
時間 発表者 テーマ
午後2時10分から午後2時30分 天野星那 ローマ賞と芸術アカデミー ~登龍門としての機能性~
午後2時30分から午後2時50分 児玉幸音 オペラ『ラ・トラヴィアータ』の上演分析
――「道を踏み外した女」の変遷――
午後2時50分から午後3時10分 奥村ひかる
群衆とインタビュー
:フェリーニ『ボイス・オブ・ムーン』における一考察
10分休憩
日本の文化と芸術
時間 発表者 テーマ
午後3時20分から午後3時40分 鈴木朋代 誰が袖屏風の作品分類と制作背景
午後3時40分から午後4時 鈴木茉奈美 アニメ聖地成立過程と持続化の一考察
午後4時から午後4時20分 杉村公脩
市民主体の音楽祭とは
―やらまいかミュージックフェスティバル in in 浜松を事例として―
5分休憩
地域文化とマネジメント
時間 発表者 テーマ
午後4時25分から午後4時45分 荒 由里奈 住民運動による公害地域の再生
―公害経験の価値共有に焦点を当てて―
午後4時45分から午後5時5分 久保田瑞希 酒蔵を活かしたまちづくり ―地域ブランドの確立を目指して―
午後5時5分から午後5時25分 片山 葵
観光を活かした茶業の持続可能性 ―掛川・和束・八女―
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:企画室]