ホーム > 新着情報一覧 > イベント情報 > 「UD(ユニバーサルデザイン)WEEK~人の可能性を活かすデザインを考える~」を開催します(11月12日から16日)

イベント情報


「UD(ユニバーサルデザイン)WEEK~人の可能性を活かすデザインを考える~」を開催します(11月12日から16日)

公開日:2018年11月6日
静岡文化芸術大学では、「UD(ユニバーサルデザイン)WEEK~人の可能性を活かすデザインを考える~」を開催いたします。
UDの概念が日本に広がり始めてから20年余りたちます。静岡県、静岡市、浜松市、本学では、その黎明期から積極的にUDを政策や教育に取り入れ、全ての人に思いやりのある社会を目指して推進してきましたが、今後さらに「多様な人の可能性を尊重し活かしていくこと」が求められる時代になるように感じます。 
本学は、UD先進県としてこれまで蓄積したナレッジやネットワークを大切にしつつ、UDの展開について一緒に考える機会があればという思いから「UD WEEK」を企画しました。
教育や研究のトピックスや学生のフレッシュな視点を眺め、この機会ならではの経験と交流を通して「人の可能性を活かすデザインのコアとは何か」を考え、新たな気づきが得られることを期待しています。学生、教員、職員の方、行政や様々な産業に関わっておられる方、地域の方にもご参加いただき、より多くの方に「これからのUD」を身近に感じていただければ幸いです。
ぜひご来場ください。

UD WEEKチラシ[PDF:1.4MB]

 
  • 【日時】2018年11月12日(月曜日)から16日(金曜日)
  •     午前9時から午後7時(12日、16日は午後5時まで)
  • 【場所】静岡文化芸術大学  自由創造工房、UDラボ 他
  • 【料金】無料

「人の可能性を活かすデザイン」の展示と体験

<スポーツ>サウンドテーブルテニス、ブラインドサッカー、ボッチャなどの障がい者スポーツの体験
<生活>食品、パッケージから音楽まで、生活の中の様々なシーンにおけるモノやサービスの体感と提案
<移動>乗り物や地図など、移動に関わる様々なツールの紹介と提案
 

スペシャルイベント

11月12日(月曜日) 278大講義室
<午後0時15分から午後2時>食のUD~いつまでも、楽しく、おいしく食べる~
パッケージのデザインとユニバーサルデザインフードにおける「これまでと今」

講師:キューピー㈱ 前田 壽和 氏

11月13日(火曜日) 自由創造工房
<午後0時15分から午後1時>Let's サウンドテーブルテニス
選手として活躍しているお二人の実演と体験の手ほどき

講師:三津谷 武志 氏、赤堀 奈津子 氏

<午後3時から午後4時>音楽のUD
独自のアイディア「サウンドセル」を使った楽器から見るUD視点の音楽の可能性

講師:作曲家 佐野 芳彦 氏

<午後4時30分から午後5時30分>パラリンピックスポーツにみるUD
ボッチャ日本代表コーチの経験談を交えた障がい者スポーツの可能性

講師:大阪体育大学 曽根 裕二 氏

<午後6時30分まで>交流会
UDレストラン「食楽工房」の古橋シェフによるUDレシピの紹介も交えた異業種交流
【主催】静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター
【後援】静岡県、静岡市、浜松市

 

【お問い合わせ】
静岡文化芸術大学 地域連携室
〒430-8533 浜松市中区中央2-1-1
Tel:053-457-6105   Fax:053-457-6123
 
【交通アクセス】
駐車場はございませんので、循環まちバス”くるる”遠鉄バスなどの公共交通機関をご利用ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]