ホーム > 新着情報一覧 > イベント情報 > 「Kananana+ 仕掛け屋タマゴロウ らくがき七文字展」が開催されます。(11月7日から13日開催)

イベント情報


「Kananana+ 仕掛け屋タマゴロウ らくがき七文字展」が開催されます。(11月7日から13日開催)

公開日:2019年11月5日
静岡文化芸術大学では、博物館学芸員養成課程科目「博物館資料論」(担当:芸術文化学科 立入正之教授)の一環として、「Kananana+ 仕掛屋タマゴロウ らくがき七文字展」を開催します。

「Kananana+ 仕掛屋タマゴロウ らくがき七文字展」チラシ[PDF:743KB]

「Kananana+ 仕掛屋タマゴロウ らくがき七文字展」チラシ画像

【開催期間】2019年11月7日(木曜日)から11月13日(水曜日)

【時間】午後0時10分から午後7時
注:11月9日(土曜日)は午後0時から午後4時まで開場、11月10日(日曜日)は終日閉場。

【会場】静岡文化芸術大学 西ギャラリー

【入場料】無料

【交通アクセス】
駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
(公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください)

交通アクセス

【主催・お問合せ】
Kananana+展2019運営プロジェクト
E-mail. kana7.2019@gmail.com

「Kananana+展」Twitterアカウント
@kananana7plus

コンセプト

昔から日本人は、俳句や川柳といった文字数が限られているものの中で、自由に想いの丈を表現してきました。制限のある中で想いを伝えることは、私たちの表現の幅を広げることにつながります。「Kananana+展」では、一つ一つ違うタマゴロウの表情と、今のあなたの想いを七文字で共有できます。どんなことを七文字に込めるのでしょうか。あなたの七文字の言葉で展覧会は完成します。

展示内容

らくがきから派生したタマゴロウが七文字で何を表現しているのでしょうか。
あなたならそのタマゴロウを見てどんな七文字を描くでしょうか。

ワークショップ

タマゴロウの画像
タマゴロウが描かれた絵馬に、あなたが今感じる七文字を添えてみませんか。
西エントランスと2階ラウンジにワークショップの体験・展示ブースが登場。展覧会と同時開催します。
あなたの綴った七文字をみんなの七文字と繋げて、気分を文字化けさせましょう。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:教務・学生室]