ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 中国・浙江大学城市学院に留学中の学生から近況レポートが届きました!

学生・卒業生の活躍


中国・浙江大学城市学院に留学中の学生から近況レポートが届きました!

公開日:2018年4月4日
本学の協定校である浙江大学城市学院に留学中の国際文化学科2年 飯田 梨央奈さんから、近況レポートが届きました。
浙江大学の交流会の様子
本学と中国・浙江大学城市学院は、2009年に大学間交流協定を締結しました。これまでに11名の学生を派遣し、21名の学生を受け入れた実績があります。
今回近況レポートを寄せてくれた飯田 梨央奈さんは、2017年9月から1年間留学しています。
「浙江大学城市学院に留学中の飯田梨央奈です。現在は浙江大学城市学院で法学部の授業を聴講しています。企業文化の授業の一環で博物館を見学したり、龍井茶の茶園で茶農家の方々とお話をしたり、とても充実しています。また、放課後には、日本語協会というサークル活動が主催する日本語朗読大会で審査員を務めました。」
浙江省からの留学生との交流の様子
中国茶の茶園見学の写真
本学に留学していた呂 俊衛(ロ シュンエイ)さんとも中国で交流することができました。呂さんは、静岡県が実施する浙江省との短期留学生交流事業で、平成29年10月から12月の間、本学に留学していました。呂さんが日本に留学していた間、既に私は浙江大学城市学院に留学していましたが、SUACが縁で交流することができました。
浙江大学城市学院での授業の様子
また、浙江大学でのお花見会は、浙江大学学友会と日中留学支援立志会が、日中の学生交流、国際親善のために開催してくれました。ぜひ後輩の日本人留学生にも参加してほしいです。残り少ない留学期間ですが、最後までたくさんのことを学んでいきたいと思います。
[発行部署:教務・学生室]