ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 本学留学生が「2018年ふじのくに留学生親善大使」に任命されました

学生・卒業生の活躍


本学留学生が「2018年ふじのくに留学生親善大使」に任命されました

公開日:2018年7月18日
親善大使の委嘱式の様子
静岡県の国際交流を推進する「2018年ふじのくに留学生親善大使」に、本学留学生2名が選出されました。
書類選考、面接を経て選出されたデザイン学科2年 金 冬致(キン トウチ)さん、デザイン研究科1年 黄 子夏(コウ コカ)さんは、静岡県庁で行われた委嘱式で正式に親善大使として任命されました。
交流の様子
本学留学生の交流の様子
「ふじのくに留学生親善大使」とは、静岡県と世界との友好交流のかけ橋として活躍することを期待された民間大使のことです。留学中は、県内のイベントやシンポジウムでのさまざまな交流を通して母国の文化を紹介してもらいます。また、帰国後は母国で静岡県の魅力を発信するとともに、親善大使として継続した友好交流の担い手となって活躍してもらいます。
デザイン研究科1年 黄子夏(コウ コカ)さん(中国出身)
黄子夏さん任命の様子
黄 子夏さん 委嘱式の様子
 ふじのくに留学生親善大使になったことが本当に嬉しいです。私はもともと、人と交流することが好きで、特に日本に留学している経験から、日本と中国の友好交流と相互発展の促進のため貢献していきたいです。

 また、親善大使として日本の人々に伝えたいことが3つあります。一つ目に、中国人同士の日常会話で使っている中国語と正しい発音を教えたいです。二つ目に、日本の中国の習慣や文化やマナーなどの違いがあります。例えば祭日や祝日の祝い方の違いなどを比較して、面白い中国文化を伝えたいです。そして最後に中国と言えば、やはり中華料理です。もしできたら、皆さんと一緒に料理を作ることも楽しみです。

 静岡県の皆さんは親切で、外国人にとって静岡県は住みやすいところです。
これから親善大使として、日中文化交流活動も積極的に参加したいと思っています。
デザイン学科2年 金冬致(キン トウチ)さん(中国出身)
金冬致さん 委嘱式の様子
金 冬致さん 委嘱式の様子

 留学生親善大使に任命されて、非常に嬉しかったです。すごくいい舞台と思って、母国のことをどんどんアピールしたいです。さらに、ただ中国と日本のつながりではなく、他の国の親善大使の仲間たちとも仲良くなれて、世界に視野を広げて各国の人たちとも「大きなファミリー」になりたいです。それぞれの文化や面白い経験で交流して、非常に楽しい国際交流活動の場だと思います。

 中国は、中国の文化が素晴らしいと思っています。中国文明の歴史は長いので、紹介したいことがたくさんあります。人によって、興味をもっている分野はそれぞれ違うと思いますが、「美食」なら誰でも拒否できないと思います。これからは様々なイベントに積極的に参加して、自分の得意な中国料理や中国の飲食文化を中心に色々紹介したいと思います。
親善大使研修会の様子


親善大使としての基礎研修を受けた2名は今後、静岡県内の国際交流活動に参加します。
[発行部署:教務・学生室]