ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 地域連携実践演習「引佐耕作隊」は地元の行事「川合渕祭り」の運営に参加しました

学生・卒業生の活躍


地域連携実践演習「引佐耕作隊」は地元の行事「川合渕祭り」の運営に参加しました

公開日:2018年8月16日
毎年7月第1週の土曜日、北区引佐町久留女木地区では、「川合渕祭り」が開催されます。
この祭りは、引佐町久留女木地区に伝わる大蛇伝説にちなんだ行事です。この伝説によると、病気の父のために薬を買いに出た娘が家に帰る途中、大雨で川を渡れずにいるところを大蛇に助けられたとされ、この大蛇を祭る蛇塚を地元住民が建て、供養するようになったのが「川合渕祭り」の始まりです。

今年も7月7日(土曜日)に「川合渕祭り」が久留女木で開催されました。
この祭りの運営に、現地の棚田で耕作している、地域連携実践演習「引佐耕作隊」を履修している本学学生が参加する機会をいただき、祭り準備や祭りでの出し物を行いました。

引佐耕作隊では、久留女木地区の棚田での米作りだけでなく、このように地域社会を維持していくための取り組みに参加しつつ、その運営にも尽力していきたいと考えています。

 
「引佐耕作隊」の「川合渕祭り」での活動の様子
[発行部署:地域連携室]