ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 地域連携実践演習「小学生向けの防災講座を行いました」

学生・卒業生の活躍


地域連携実践演習「小学生向けの防災講座を行いました」

公開日:2018年10月30日
9月13日(木曜日)、浜松市立東小学校にて、小学6年生を対象とした防災講座を行い、本学の学生が講師として参加しました。
この防災講座は、本学の地域連携実践演習のプログラムの一つとして実施した「防災力向上演習(担当教員:河村洋子准教授)」の一環として行ったものです。防災力向上演習は、本学の学生が救急救命や避難所運営などを学び、学んだ防災スキルを活かして、小学生向けの講座を企画し、近隣の小学校にて防災講座を提供するというプログラムです。
防災講座は、防災力向上演習を履修した学生7人のうち、4人が講師となり、自宅で地震が起こった場合に危険な箇所を探したり、新聞紙で非常用のスリッパを製作するワークショップを行いました。「楽しく防災・減災」をテーマとして内容を工夫した甲斐もあって、和気あいあいとした雰囲気で進行し、小学生のみなさんからは大変好評を頂きました。
防災力向上演習に参加した学生(7名)
  • 文化政策学科 3年 落合秀真、小笠原 汰一
  • 芸術文化学科 3年 門間 朱莉、長谷川 千遥
  • 文化政策学科 2年 伊丹 穂香
  • 文化政策学科 1年 濱戸 菜央、美村 陸人
(当日のワークショップでは、落合、門間、濱戸、美村の4名が講師を務めました。)
講師が小学生に防災について講義している画像
防災講座当日の様子
寝ている人形の肩に手を置いて、救急救命を行っている画像
防災講座開講に先立ち、学生らは担当教員、市職員、市民団体のメンバーから防災スキルを学びました
(写真は救急救命講習受講時の様子)
 
[発行部署:地域連携室]